ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

商業簿記 財務諸表が意味すること

スポンサーリンク

商業簿記 財務諸表が意味すること

貸借対照表と損益計算書は、二つあわせて財務諸表と呼びます。
この二つの書類は外部に出す決算書において中心的な役割を担っています。

1.貸借対照表(Balance Sheet:B/S)

貸借対照表とは、決算日(期首または期末)において会社にお金がいくらあるのかを明らかにする表のこと。

たとえばある時点で会社にいくらぶんの現金、設備、在庫などがあるか、を意味します。

会社を一つの浴槽に見立てると、貸借対照表は浴槽にたまった水の量を表します。

貸借対照表の借方(左)と貸方(右)は必ず一致するので、この表のことをBalance Sheet (B/S)とも呼びます。

資産-負債=資本(純資産)

貸借対照表でできること

会社の財政状態が分かる

貸借対照表には将来お金になるもの(資産)と将来お金が出ていくもの(負債)が載っています。

なので、貸借対照表を見れば、企業の財政状態が分かります。

資産が負債を上回る金額が大きければ大きいほど、その会社の財政状態は良いことになります。

債務超過とは

債務超過とは、貸借対照表上で資産よりも負債の金額のほうが大きいこと。
(B/S:資産<負債)

通常、財政状態が健全なら資産よりも負債の金額が小さくなる
(B/S:資産>負債)

勘定科目

誰が会計記録しても同様の記録になるように決められた用語。

資産の勘定科目

資産とは将来お金が入ってくると期待されるもののこと。

将来お金を生み出すことが期待できないものは、貸借対照表上に資産として記載できない。

現金、商品在庫、売掛金類などが資産の代表例だが、繰延資産のようなものも資産に含まれる。

流動資産
現金 :お金
商品 :店や会社の売り物→買掛金、売掛金
備品 :椅子、机、PCといった事務用品→未払い金、未収金
売掛金:商品を売って後でお金をもらえる権利
貸付金:お金を貸して後でお金をもらえる権利

固定資産
建物
設備

負債の勘定科目

負債とは、返済義務があり、将来お金が出て行くもののこと。

借入金:お金を借りて後で返さなければならない義務

買掛金:商品を売って後でお金を払わなければならない義務

資本(純資産)の勘定科目

資本(純資産)は資産と負債の差額
資本金や持ち株の評価益などが資本になる。

資本金:元手や利益など、お店や会社が自由に使えるお金(返す必要がないお金)。

利益剰余金:利益の累積金額

または株式発行により株主から払い込まれた金額のうち、資本準備金に計上されなかった金額のこと。


2.損益計算書(Profit & Loss Statement:P/L)

損益計算書とは、一定期間に会社にどれだけのお金が入ってきて、どれだけのお金が出て行ったかを明らかにする決算書のこと。

損益計算書の目的は、その会社の純利益を明らかにすることです。

損益計算書は一定期間で会社がどのくらい儲けているのか、会社の経営状態を表しています。

利益(Profit)と損失(Loss)が記載されるので、損益計算書はProfit & Loss Statement( P/L )と呼ばれます。

会計年度、事業年度

企業の儲けを計算するための一定期間を会計年度とか事業年度とよぶ。

会計期間の開始日を「期首」、
終了日を「期末」または「決算日」という。

当期純利益

一会計期間の収益から費用を引いた数字(借方に記録)。

利益=収益(売上)-費用(売上原価、販管費)

当期純損失

収益から費用を引いたらマイナスとなった場合の数字(貸方に記録)。

借方合計と貸方合計は必ず一致。


収益の勘定科目

売上   :商品を売ることによって得た収入
受取利息 :他人にお金を貸した場合に受け取る利息
受取手数料:仲介、代行などの際に受け取る手数料

費用の勘定科目

売上原価、販売費、一般管理費など。

仕入   :商品を買うのにかかった金額
給料   :従業員に支払う給料(会社から見た給料は儲けるための支払い)
広告費  :新聞の折り込み広告、看板代など
水道光熱費:水道代、電気代、ガス代など

現金主義

収益は現金の収入があったときに、費用は現金が支出されたときに計上する考え方。

発生主義

現金の受払いと関係なく、収益または費用をその発生を意味する経済的事実に基づいて計上する考え方。

現実主義

財貨または役務が提供されること、そして対価として現金または現金等価物を受け入れるなど経済的事実に基き収益を計上する考え方。


3.仕訳

勘定科目と金額を使って記録する簿記独特の方法。

資産

貸借対照表の借方科目
貸借対照表の左側(借方科目)
貸借対照表の資産の欄は、会社が集めてきたお金を何に使ったか、つまり資産をどのように運用しているかを表しています。

→増えたら借方(左)、減ったら貸方(右)に記入。

負債

貸借対照表の右上(貸方科目)
貸借対照表の右側の欄は、会社がどのようにしてお金を集めたかを表しています。

借入金のように、お金を後で返さなければならない義務があるものは「負債」として、貸借対照表の右上に記載します。

→減ったら借方(左)、増えたら貸方(右)に記入。

資本

貸借対照表の右下(貸方科目)
貸借対照表の右側の欄は、会社がどのようにしてお金を集めたかを表しています。

資本金のように、お金を後で返す必要の無いものは「資本(純資産)」として、貸借対照表の右下に記載します。

→減ったら借方(左)、増えたら貸方(右)に記入。

収益

損益計算書の貸方科目
収益はお金を受け取ること。
→減ったら借方、増えたら貸方に記入

費用

損益計算書の借方科目
費用は収益を得るために費やされたもの。
増えたら借方、減ったら貸方に記入。


勘定口座

勘定(Tフォーム)に勘定科目をくっつけたもの。

転記

仕訳を勘定科目ごとに一箇所にまとめて書くこと。
仕訳の相手方の勘定科目を記入する。
相手勘定が二つ以上あった場合は「諸口」と記入する。

総勘定元帳

現金勘定や売上勘定などここの勘定口座をまとめておくのが総勘定元帳。