ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

衛生管理者

スポンサーリンク

衛生管理者の資格難易度

衛生管理者とは

ユーキャンの通信講座でもおなじみの衛生管理者は国家資格です。
労働安全衛生法により、常時50人以上の労働者を使用する会社(事業者)は、その会社の事業所(事業場)専属の衛生管理者を選任しなければなりません。

衛生管理者の仕事は会社の職場で労災が起きないよう対策をとったり、業務に起因する労働者の健康障害を防止するための対策をとったりすることです。

衛生管理者の職務

衛生管理者は労災の発生や労働者の健康障害を防止するために以下の職務を担います。
・労働災害防止対策の実施
・発生してしまった労災事故の原因調査と再発防止対策の実施
・作業環境の管理(保護具等の点検)
・作業自体の管理(作業場における危険の発見と対策)
・労働者の健康管理(健康診断の実施、健康に異常のある者の発見)
・労働安全衛生教育の実施。
・毎週1回の定期職場巡視

本来、会社の事業所における労働者の衛生管理業務は産業医がおこなうべき仕事です。
しかし、産業医単独で上記すべての業務を行うことは事実上無理があるため、衛生管理者という資格が誕生しました。

衛生管理者の種類

衛生管理者には、業務の範囲が広い順に、
 衛生工学衛生管理者
 第一種衛生管理者
 第二種衛生管理者 の3種類があります。

この三つの衛生管理者資格のうち、第一種衛生管理者と第二種衛生管理者は国家試験を受験し、合格することで資格を取得できます。

実務経験の壁

ただし、第一種衛生管理者と第二種衛生管理者の試験を受験するための受験資格には「実務経験」が必要です。
この実務経験を証明するためには会社から受験資格に関する事業者証明書をもらわなければなりません。

したがって、会社から業務命令で衛生管理者の資格を取得するよう命じられている場合は何の問題もありません。
会社が受験資格に関する事業者証明書を発行してくれて、無事に衛生管理者試験を受験することができるでしょう。

しかし、個人が自己啓発のために「衛生管理者の資格を取得したい」と思っても、自分が所属している会社のお偉いさんが承認しない限り、実務経験を証明することはできず、第一種衛生管理者と第二種衛生管理者の試験を受験することはできません。
この実務経験の証明が、衛生管理者の資格を取得する上で最大の壁です。

衛生工学衛生管理者であれば実務経験がなくてもよい

一方、衛生工学衛生管理者は試験に合格するのではなく、講習を受講してその資格を取得できます。
衛生工学衛生管理者は第一種衛生管理者の上位資格です。

だれでも衛生工学衛生管理者になるための講習を受講できるわけではなく、講習を受講するためには資格が必要です。

なお衛生工学衛生管理者であれば、会社に実務経験を証明してもらわなくても、個人が資格を取得することが可能な方法があります。

その方法は作業環境測定士の資格を取得することです。
作業環境測定士の資格を持っていれば衛生工学衛生管理者の講習を受講し、修了試験に合格することで、実務経験不要で最上位の衛生管理者資格を得ることができます。

この実務経験が不要で衛生管理者の資格を得るための方法についてはこの記事の一番下に記載しています。

衛生管理者の特典

衛生管理者として所定の実務経験を積むことで、労働衛生コンサルタントの受験資格を得ることができます。

衛生管理者試験の受験資格

・大学、高専卒業者で、1年以上の労働衛生実務経験者
・高校、中学卒業者で、3年以上の労働衛生実務経験者
・10年以上の労働衛生実務経験者
・その他

衛生管理者試験の試験内容

第一種衛生管理者

労働衛生
有害業務に係るもの
有害業務に係るもの以外のもの
関係法令
有害業務に係るもの
有害業務に係るもの以外のもの
労働生理

第二種衛生管理者

労働衛生(有害業務に係るものを除く。)
関係法令(有害業務に係るものを除く。)
労働生理

衛生管理者試験の試験日程

月に一度から月に4度
(頻度が多いのは関東センター、中部センター、近畿センター)

衛生管理者試験の受験場所

全国7か所の安全衛生技術センター
(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州)

衛生管理者試験の受験料:6800円

衛生管理者試験の合格率

1種50%ほど、2種60%ほど

作業環境測定士から衛生管理者へ

衛生工学衛生管理者の資格取得のための講習

衛生工学衛生管理者は第一種衛生管理者の上位資格です。
衛生管理者資格には業務の範囲が広い順に、衛生工学衛生管理者、第一種衛生管理者、第二種衛生管理者の3種類があります。

第一種衛生管理者と第二種衛生管理者を受験するためには実務経験が必要です。
しかし、作業環境測定士の資格を持っていれば衛生工学衛生管理者の講習を受講し、修了試験に合格することで、実務経験不要で最上位の衛生管理者資格を得ることができます。

時期:5月、8月、3月
日数:講習は平日の二日間。
費用:受講料は47,520円。
備考:修了試験(筆記試験)がある。

環境計量士(濃度関係)から作業環境測定士を経由して衛生管理者へ

環境計量士(濃度関係)は作業環境測定士の国家試験が免除されます。
そして環境計量士(濃度関係)は作業環境測定士資格を講習を受講することで取得できます。
(ただし、第1種科目の放射性物質は除く。)

本来、作業環境測定士の資格はまず国家試験に合格した後、作業環境測定士講習(登録講習)を修了し、登録をすることによってようやく取得できる資格です。
しかし、環境計量士(濃度関係)の資格を取得すると、認定講習を受けることにより作業環境測定士の国家試験が免除されます。
あとは作業環境測定士講習(登録講習)を修了し、登録をすることにより作業環境測定士の資格を取ることができます。

環境計量士(濃度関係)のための作業環境測定士試験科目一部免除講習

この講習を修了すると、作業環境測定士の国家試験に合格したのと同じ効力が得られ、作業環境測定士講習(登録講習:第2種(共通))に申込むことができるようになります。

時期:9月(東京開催)、1月(東京開催)、10月(名古屋開催)
日数:講習は平日の三日間。(月、火、水)または(水、木、金)
場所:東京か名古屋
費用:受講料は47,000円
備考:講習終了後、修了試験(筆記試験)がある。

注意事項

環境計量士(濃度関係)が第2種作業環境測定士の資格をとろうとした場合、費用は受講料だけで14万円ほどかかる。
交通費や宿泊費が自己負担の時は、さらに費用が上乗せされることになる。
また、講習の日数も少なくとも平日6日分が必要になる。
社会人がこの方法で作業環境測定士資格を取得しようとした場合、平日に有給を3日づつ確保できるかどうかが悩みの種になると思われる。

公害防止管理者から作業環境測定士を経由して衛生管理者へ

公害防止管理者の合格者は作業環境測定士の受験資格を得ることができます。
そして作業環境測定士として登録すると、衛生工学衛生管理者を講習を受講し、修了試験に合格することで、衛生工学衛生管理者の資格を得ることができます。

ただし、この方法は時間とお金がそれなりに必要になります。

衛生管理者資格取得までの流れ

まず公害防止管理者試験に合格する。

作業環境測定士試験に合格後、 登録講習を修了し、登録する。

衛生工学衛生管理者の資格取得のための講習を修了する。

衛生工学衛生管理者 (衛生管理者の最上位資格)


(参考)作業環境測定士講習(登録講習):第2種講習(共通科目)の場合

時期:月1回、または2ヶ月に1回(目安)
日数:講習は平日の三日間。
費用:受講料は87,480円。第2種講習(共通科目)の場合
備考:講習終了後、修了試験(筆記試験と実技試験)がある。

(参考)衛生工学衛生管理者の資格取得のための講習

時期:5月、8月、3月
日数:講習は平日の二日間。
費用:受講料は47,520円。第2種講習(共通科目)の場合
備考:修了試験(筆記試験)がある。