ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

衆議院事務局職員採用試験の難易度

スポンサーリンク

衆議院事務局職員とは?

衆議院事務局職員とは、衆議院の運営、調査などをサポートする職員。
特別職の国家公務員(国会職員)として衆議院事務局本会議や委員会等の会議運営、調査事務、一般事務などを行う。
衆議院事務局職員は基本的に異動はあっても転勤はないので人気が高く、例年の合格率は1%から3%程度。

衆議院事務局職員の業務部門

・会議運営部門
・調査部門
・その他の議員(議院)活動補佐部門

衆議院事務局職員の最高ポストは事務総長。
事務総長は議員と異なり、国民から選挙によって選ばれたわけではないが、国会内の役員ということで非常に待遇が良く、給与は副大臣と同等。

衆議院事務局職員採用試験の受験資格


・日本国籍を有する者

・国会職員法第2条の規定により国会職員となることができない者以外の者に併せて、

総合職(大卒程度:旧1種)

一般職(大卒程度:旧2種)

受験年の4月1日で、21歳以上30歳未満の者。

旧1種:受験年の4月1日で、21歳以上26歳未満の者。
旧2種:受験年の4月1日で、21歳以上26歳未満の者。

一般職(高卒程度:旧3種)

受験年の4月1日で、17歳以上21歳未満の者。
旧3種:受験年の4月1日で、17歳以上21歳未満の者。

衛視

受験年の4月1日で、17歳以上22歳未満の者。


衆議院事務局職員採用試験の試験内容

総合職(大卒程度:旧1種)

一次試験(筆記試験)

1.基礎能力
2.専門知識:憲法、行政法、民法、刑法、労働法、政治学、行政学、経済学…

二次試験

1.(第一回)筆記試験(論文/記述式)
2.(第二回)個別面接試験、集団討論試験

三次試験:口述試験


一般職(大卒程度:旧2種)

一次試験(筆記試験)

1.一般教養
2.専門知識:憲法、行政法、民法、刑法、労働法、政治学、行政学、経済学…

二次試験

筆記試験(論文/記述式)

三次試験

個別面接試験、集団討論試験


一般職(高卒程度:旧3種)

一次試験(筆記試験) :基礎能力(多肢選択式)、作文
二次試験:個別面接試験

衛視

一次試験(筆記試験):基礎能力(多肢選択式)
二次試験:身体検査、体力検査、個別面接試験

衆議院事務局職員採用試験の願書受付期間

総合職(大卒程度):4月上旬
一般職(大卒程度):4月上旬
一般職(高卒程度):7月下旬
衛視:7月下旬

衆議院事務局職員採用試験の試験日程

総合職(大卒程度)

一次試験:5月上旬
二次試験:5月下旬から6月上旬
三次試験:6月下旬

一般職(大卒程度)

一次試験:5月中旬
二次試験:6月中旬
三次試験:8月中旬

一般職(高卒程度)

一次試験:9月上旬
二次試験:9月下旬

衛視

一次試験:9月上旬
二次試験:9月下旬

衆議院事務局職員採用試験の受験地

東京

衆議院事務局職員採用試験の受験料

無料。

衆議院事務局職員採用試験の合格率

総合職(大卒程度)がおよそ1%
一般職(大卒程度)がおよそ2%
一般職(高卒程度)がおよそ1%
衛視がおよそ1%

衆議院事務局職員採用試験の合格発表日

総合職(大卒程度)

一次試験:5月中旬
二次試験:6月上旬
三次試験:7月下旬

一般職(大卒程度)

一次試験:5月下旬
二次試験:7月上旬
三次試験:9月上旬

一般職(高卒程度)

一次試験:9月中旬
二次試験:10月上旬

衛視

一次試験:9月中旬
二次試験:10月中旬