ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

薬剤師と登録販売者

スポンサーリンク

薬剤師と登録販売者

薬剤師とは?

薬剤師とは、一言で言えば薬を扱うプロです。
一般人に馴染み深いのは薬局やドラッグストアなどで調剤業務全般、レジ打ち、商品補充、指導などを行う薬剤師の姿ですが、もちろん薬局以外にも薬剤師の働く場所はあります。

薬剤師資格は厚生労働省が所管する国家資格です。

薬剤師と登録販売者

従来、薬剤師は薬品を扱う業務を独占していました。
そんな中、2009年に薬事法が改正されて登録販売者という資格が生まれました。
これにより薬剤師でなくても、登録販売者の資格があれば一般用医薬品の販売ができるようになりました。

一般用医薬品はその医薬品が持つ副作用の程度に応じて第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品と大別されています。
登録販売者が販売できるのは第二類医薬品と第三類医薬品のみです。

一般用医薬品

第一類医薬品
第二類医薬品:登録販売者が販売できる
第三類医薬品:登録販売者が販売できる

薬剤師国家試験の受験資格

薬剤師になるためには薬剤師国家試験に合格する必要があります。
薬剤師国家試験を受験するには、薬剤師を養成する薬学部を卒業しないと受験資格が得られません。

・大学で薬学課程を修了して、卒業した者。
・外国で薬学校を卒業または、薬剤師免許を取得し、厚生労働大臣が上記と同等以上の者と認定した者。

薬剤師国家試験の試験内容

マークシート形式。
物理・化学・生物
衛生
薬理
薬剤
病態・薬物治療
法規・制度・倫理
実務

・基礎薬学:物質の構造と性質、天然医療資源、生体の構造と機能
・医療薬学:医療薬学総論、疾病と病態、医薬品の有効・安全性、薬剤調製・管理
・衛生薬学:保健衛生、栄養素と食品の化学、ヒトと環境
・薬事関係法規・制度:総論、制度、法律

薬剤師国家試験の受付期間:1月中旬頃

薬剤師国家試験の受験場所

北海道、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、徳島、福岡

薬剤師国家試験の受験料:6800円

薬剤師国家試験の試験日程:2月下旬頃

薬剤師国家試験の合格率:70%ほど
薬剤師国家試験の合格発表日:3月末



登録販売者とは?

登録販売者とは、薬剤師でなくても一般用医薬品の販売ができるようになる資格のことです。
登録販売者は2009年に施行された改正薬事法で定められた、比較的新しい資格です。
薬局、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどが第二類医薬品や第三類医薬品販売の許可を得たり、人件費を抑制したりするために正社員やパート社員に登録販売者試験を受験させているようです。

登録販売者が販売できる医薬品の種類

第二類医薬品

かぜ薬、解熱鎮痛薬、胃腸薬、目薬など

第三類医薬品

ビタミン剤、整腸薬、消化薬、ハンドクリームなど

登録販売者が販売できない医薬品の種類

登録販売者は医療用医薬品、要指導医薬品、第一類医薬品の販売はできません。
また、毒劇物の販売もできません。

登録販売者の受験資格

なし。誰でも受験できます。

以前は登録販売者試験を受験するためには、以下のように薬局での実務経験が必要でした。
しかし、平成27年度(2015年度)から実務経験は不要になり、誰でも受験できるようになりました。
・高等学校卒業した者で、1年間の実務経験者
・6年制薬学部または旧4年制薬学部等の卒業者
・4年間の実務経験者
・上記の者と同等以上の知識経験があると都道府県知事が認めた者

※実務経験となる業務
・平成17年4月1日以降、一般用医薬品の販売等の直接業務などを1ヶ月80時間以上で1年間継続
・開設者との間に雇用関係(社員、契約社員、アルバイトやパート)があること。派遣社員は不可
・開設者の発行する証明書が得られること。

※実務経験となる勤務先:薬局、店舗販売業、薬種商販売業、配置販売業

登録販売者の試験内容

1.医薬品に共通する特性と基本的な知識

医薬品概論、
医薬品の効き目や安全性に影響を与える要因、
適切な医薬品選択と受診勧奨
薬害の歴史

2.人体の働きと医薬品

人体の構造と働き、
薬の働く仕組み、
症状からみた主な副作用

3.主な医薬品とその作用

精神神経に作用する薬、
呼吸器官に作用する薬、
胃腸に作用する薬、
心臓などの器官や血液に作用する薬、
排泄に関わる部位に作用する薬、
婦人薬、アレルギー用薬、
鼻に用いる薬、眼科用薬、
皮膚に用いる薬、
歯や口中に用いる薬、禁煙補助剤、
滋養強壮保健薬、
漢方処方製剤・生薬製剤、
公衆衛生用薬、一般用検査薬

4.薬事関係法規・制度

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の目的等
医薬品の分類・取扱い等
医薬品の販売業の許可
医薬品販売に関する法令遵守

5.医薬品の適正使用・安全対策

医薬品の適正使用情報、
医薬品の安全対策、
医薬品の副作用等による健康被害の救済、
一般用医薬品に関する主な安全対策、
医薬品の適正使用のための啓発活動


願書受付期間、試験日程、受験場所、受験料などは各都道府県によりけりです。
都道府県の担当部署に問い合わせてください。