ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

第3類危険物の自然発火性物質と禁水性物質

スポンサーリンク

第3類危険物 自然発火性物質と禁水性物質

この記事は危険物取扱者 第3類危険物 自然発火性物質と禁水性物質に関する記事です。

第3類危険物 自然発火性物質と禁水性物質

自然発火性物質及び禁水性物質とは、以下の危険性がある固体または液体のこと。

空気中で発火する。
と接触して発火する。
と接触して可燃性ガスを発生する。

一 カリウム
二 ナトリウム
三 アルキルアルミニウム
四 アルキルリチウム
五 黄りん
六 アルカリ金属(カリウム及びナトリウムを除く。)及びアルカリ土類金属

七 有機金属化合物(アルキルアルミニウム及びアルキルリチウムを除く。)

八 金属の水素化物
九 金属のりん化物
十 カルシウム又はアルミニウムの炭化物
十一 その他のもので危険物の規制に関する政令で定めるもの
十二 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの

(消防法 別表第1抜粋)

第3類危険物の消火方法

乾燥砂、膨張ひる石、膨張真珠岩がよい。
他には炭酸水素塩類を用いた粉末消火器ならOK

3-1、3-2.カリウム、ナトリウム

危険等級Ⅰ
指定数量:10kg

カリウムよりナトリウムの方が、融点と沸点が高い。
100℃以下でとろける。

3-3.アルキルアルミニウム

危険等級Ⅰ
指定数量:10kg

アルキルアルミニウムの容器は完全に密閉し、常に窒素などの不活性ガスの中に貯蔵する。
空気や水に絶対に接触させない。

アルキルアルミニウムの禁則事項

アルキルアルミニウムにとハロゲン化物を接触させてはダメ

泡消火器は水系の消火剤がアルキルアルミニウムと激しく反応して発火する。

ハロゲン化物はアルキルアルミニウムと激しく反応して有毒ガスを発生させる。

アルキルアルミニウムの消火

アルキルアルミニウムが少量で、液層が薄いときは、炭酸水素ナトリウムを主成分とする粉末消火器は効果あり。
リン酸塩類などはダメ。

3-3-1. TEA

TEA(テトラエチルアルミニウム)は無色の液体 。


3-5.黄リン

危険等級Ⅰ
指定数量:20kg

自然発火性のみ。

融点 44℃
融点が低いので燃焼すると流動する。

発火点50℃
空気中でだんだんと酸化して自然発火する危険あり。

黄リンの消火方法

土砂で消火。

融点と発火点がほぼ同じなので燃焼時には完全に流動する。

そのため火災が広がりやすい。
猛毒、皮膚に触れると火傷する。

水に溶けない → 水中保存
ベンゼン、二硫化炭素には溶ける。
燃焼すると五酸化二リン。

リン P について

リンは15属の非金属元素。

リンの単体(同素体)には、
黄リン(白リン)

赤リン
などがあります。

黄リンの性質

黄リンはP4分子からなる毒性の強い結晶で、自然発火を起こすので水中に保存します。

黄リンは有機溶媒によく溶け、にんにくのような臭いがあります。

赤リンの性質

赤リンは多数のリン原子が結合したもので、化学的に安定です。

赤リンの毒性は低く、マッチの側薬などに使用されています。

赤リンは密閉した容器内で、黄リンを約250℃で加熱すると得ることができます。


3-9.金属のリン化物

第2種自然発火性物質及び禁水性物質
危険等級Ⅱ
指定数量:50kg

3-9-1.リン化カルシウム

暗赤色の固体

と激しく反応して、有毒で可燃性ガスのリン化水素を発生。
→水消火はダメ

消火には乾燥砂しか使えない。


3-10.カルシウム、アルミニウムの炭化物

第2種自然発火性物質及び禁水性物質
危険等級Ⅱ
指定数量:50kg

3-10-1.炭化カルシウム

白色結晶。
と反応してアセチレンガスと水酸化カルシウム(消石灰)を発生。
アセチレンガスは可燃性。
爆発範囲は広い。(2%から80%容量)

3-10-2.炭化アルミニウム

無色結晶
と反応してメタンを発生。

「消防法」(消防庁)(http://www.fdma.go.jp/kasai_yobo/about_shiken_unpan/houbeppyou.html)を加工して作成