ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

危険物取扱者の資格難易度

スポンサーリンク

危険物取扱者の資格難易度

消防法における危険物とは

危険物とは「火災や爆発事故を起こす危険性がある」として消防法で定められた物品のこと。

危険物を使用したり、貯蔵中したり、輸送中したりする場合は消防法に従わねばなりません。

具体的には、危険物とは消防表別表の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じて同表の性質欄に掲げる性状を有するものを指します。

危険物の分類

消防法別表第一(定義) 備考(性質)

消防法に定められている全ての危険物は、常温常圧で「固体」または「液体」。

第一類危険物 : 酸化性固体

(塩素酸塩類、無機過酸化物など)

第二類危険物 : 可燃性固体

(赤リン、硫黄、鉄粉など)

第三類危険物 : 自然発火性物質および禁水性物質

(カリウム、ナトリウムなど)

第四類危険物 : 引火性液体


第五類危険物 : 自己反応性物質

(有機過酸化物:液体および固体など)

第六類危険物 : 酸化性液体

(過塩素酸、過酸化水素など)


危険物取扱者は国家資格

一定数量以上の危険物を貯蔵し、取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければいけません。

就職し、会社の業務で一定数量以上の危険物を取り扱う場合は危険物取扱者の資格が必要になります。

甲種危険物取扱者は全類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができます。

さらに、甲種もしくは乙種危険物取扱者が立ち会えば、危険物取扱者免状を有していない一般人も、取り扱いと定期点検を行うことができます。

危険物取扱者の種類

危険物取扱者には甲種、乙種、丙種の3種類に大別されます。

甲種危険物取扱者
乙種危険物取扱者
丙種危険物取扱者

取り扱える危険物の種類

甲種 消防法で定める全ての危険物
乙種 免状で指定する類の危険物のみ
丙種 指定された危険物のみ

無資格者への立会い

甲種 消防法で定める全ての危険物で可能
乙種 免状で指定する類の危険物は可能
丙種 できない

丙種危険物取扱者が取り扱うことができる危険物

丙種危険物取扱者は以下の指定された危険物と第4石油類、動植物油類が取り扱える。

指定された危険物とは

ガソリン、灯油、軽油、第3石油類(重油、潤滑油および引火点が130℃以上のもの)

しかし、特殊引火物やアルコール類は取り扱えない。
また、立会いも不可。


危険物取扱者試験の受験資格

甲種

1.大学等において化学に関する学科等を卒業した者
2.大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者
3.乙種危険物取扱者免状を有し、実務経験が2年以上の者
4.修士、博士の学位を授与された者で、化学に関する事項を専攻した者

乙種:誰でも受験できる。

丙種:誰でも受験できる。


危険物取扱者試験の試験内容

甲種

危険物に関する法令、物理学及び化学、
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

乙種

危険物に関する法令、基礎的な物理学及び基礎的な化学、
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

第1類:塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類など

第2類:硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウムなど

第3類:カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、黄りんなど

第4類:ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類など

第5類:有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物など

第6類:過塩素酸、過酸化水素、硝酸など

丙種

危険物に関する法令、燃焼及び消火に関する基礎知識、
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

危険物取扱者試験の受験料

甲種:5,000円
乙種:3,400円
丙種:2,700円

危険物取扱者試験の難易度

危険物取扱者試験の難易度は他の理系国家資格に比較すれば低いですが、きちんと対策しなければ、普通に試験に落ちます。

危険物取扱者の免状についての決まりごと

免状の書き換え

・氏名や本籍地が変わったとき
・免状の写真が撮影から10年を経過したとき。

・免状をなくして再交付を受けた者がなくした免状を発見したときは、
「10日以内」に再交付を受けた「都道府県知事」になくした免状を提出しなければならない。

・都道府県知事は免状の返納を命じられた日から一年を経過していない者には免状の交付を行わないことができる。

・移動タンク貯蔵所(タンクローリー)には当該危険物を取り扱える資格を持った危険物取扱者が乗車するとともに、免状を携帯すること。


危険物取扱に関する三つの役職

1.危険物保安統括管理者とは

危険物保安統括管理者は以下の危険物施設に必要な役職。

製造所
取り扱う第4類危険物の数量が指定数量の3000倍以上

一般取扱所
取り扱う第4類危険物の数量が指定数量の3000倍以上

移送取扱所
取り扱う第4類危険物の数量が指定数量以上

危険物保安統括管理者の届出

危険物保安統括管理者を選任、解任したときは「届出」が必要。

危険物保安統括管理者に選任されるための資格は特に定められていない。

ただし、その事業所を統括管理する者を選任することになっている。


2.危険物保管監督者とは

危険物保安監督者は以下の危険物施設に必要な役職のこと。

危険物保安監督者を必ず選任する危険物施設

製造所、屋外タンク貯蔵所、移送取扱所、給油取扱所には、指定数量の倍数に関係なく危険物保安監督者を選任する。

・製造所
・屋外タンク貯蔵所
・移送取扱所
・一般取扱所(容器詰め替え、消費を除く)


危険物保安監督者を選任する必要のない危険物施設

移動タンク貯蔵所
(タンクローリーには危険物保安監督者は不要)

危険物保安監督者に関するルール

・危険物保安監督者は甲種または乙種危険物取扱者で、6ヶ月以上の危険物の実務経験を有するもので無くてはならない。

・危険物保安監督者を決める権限をもっているのは「製造所等の所有者、管理者、または占有者」である。

・危険物保安監督者の選任か解任をしたら、必ずその旨を市町村長等に「届け出」なくてはならない。


3.危険物施設保安員とは

危険物施設保安員は以下の危険物施設に必要な役職。

製造所
取り扱う危険物の数量が指定数量の100倍以上

一般取扱所
取り扱う危険物の数量が指定数量の100倍以上

全ての移送取扱所

危険物施設保安員に関するルール

危険物施設保安員の選任・解任命令は法令上の定めはない。

危険物施設保安員は選任、解任したときに「届出」の必要なし。

危険物施設保安員に選任されるための資格も特に定められていない。


危険物施設の定期点検

点検実施者は危険物取扱者か危険物施設保安員が務める。

なお、危険物取扱者が立ち会えば、
点検実施者が危険物取扱者資格を持ってなくても点検が出来る。

ただし、点検が行えるのは点検の方法に関する知識と技能を持つ者のみ。

定期点検を義務づけられている施設

移動タンク貯蔵所
地下タンク貯蔵所
移送取扱所

屋内貯蔵所

指定数量の150倍以上でない限り、定期点検はしなくてよい。

屋外タンク貯蔵所

指定数量の200倍以上でない限り、定期点検はしなくてよい。

定期点検を義務づけられてない施設

第2種販売取扱所
簡易タンク貯蔵所
屋内タンク貯蔵所


生涯学習のユーキャンにおける危険物取扱者

生涯学習のユーキャンにおいて危険物取扱者の講座が開設されています。

以下は筆者の自宅に投函されていたユーキャンのチラシからの引用です。
(引用はじめ)
現場での即戦力として高評価!
ガソリンスタンド、工場、印刷業界など幅広く活躍!
物理や化学が苦手でも無理なく合格へ!

年2回以上試験あり!(都道府県ごと)
標準学習期間 5ヶ月
(引用終わり)