ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

理系資格の難易度に関して

スポンサーリンク

技術系資格、理系資格の難易度

技術系資格や理系資格の難易度は、単純に試験(テスト)の難易度だけで推し量れるものではないと考えます。
なぜなら難易度が高めの国家資格を取得するには、単純に試験(テスト)に合格するだけではダメな場合があるからです。
その場合、試験に合格した後に「講習」を受講し、講習中に行われる修了試験に合格し、登録手続きを行うことでようやく資格を取得できるパターンになります。

資格難易度:高額な講習費用という壁

試験に合格後、資格取得のために受講しなければならない講習の費用は高額なことが多いです。
例えば第1種放射線取扱主任者講習の受講料は約16万円、作業環境測定士の登録講習(第2種講習(共通科目))は約9万円かかります。

講習はたいてい東京などの大都市で実施されるため、遠地から講習会場に行く場合は交通費と会場周辺の宿泊費用も必要です。
こうした講習費用が高額な資格を会社の業務命令で取得するのであればまだマシなほうです。
(会社が費用を出してくれるので)
しかし、自己啓発などの目的で資格を取得しようとして自腹で受講するのであれば、受講費用の捻出も資格取得の難易度を押し上げる要因になると思います。

資格難易度:講習日数の壁

費用面に加えて、講習の所要日数も悩ましいところです。
1日で終わる講習もありますが、二日間、三日間、五日間かかる講習も存在します。
こうした講習はもちろん平日に実施されます。

学生であれば時間に余裕もあるでしょうが、社会人が自己啓発のために受講する場合は有給を使って平日に受講しなければなりません。
一日有給をとるだけでも大変なのに、二日以上も有給を取れるか!
そう思う社会人も少なからず存在するのではないかと思います。
この「講習日数の壁」も試験の難易度を押し上げます。

資格難易度:試験勉強という壁

当然のことながら試験(テスト)に合格するためには試験勉強をする必要があります。
例えば技術系・理系資格難易度ランキングでは難易度低めにランキングされている危険物取扱者でも、試験勉強をしなければ普通に試験に落ちます。

社会人の場合、自己啓発のために難易度の高い資格を取得しようと考えているのであれば、できるだけ早いうちに勉強を開始したほうがよいと思います。
社会人になると、歳をとるにつれて勉強時間の確保が難しくなってきます。
昇進して会社の役職に就き、家庭を持ち、子供を育て、地域の自治会活動にも参加し…等々。
事実上、若いうちくらいしか資格の勉強を腰を落ち着けてできる期間はないように思います。