ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

医療事務の資格難易度と医師事務作業補助者

スポンサーリンク

医療事務と医師事務作業補助者の資格


医療事務の資格

いわゆる医療事務の資格は複数の民間資格等の集合体です。

「これが唯一の医療事務資格だ」というものではなく、資格試験を主催している団体ごとに資格の名前が違います。

そして一つの職種に対して複数の民間資格が存在するため、わかりづらくなっています。

さらに医療事務系の職種や資格の名前は似通ったカタカナ英語の名前の資格が多く、余計にわかりづらく感じます。

医療事務系の職種と資格の例

医師事務作業補助者
医療クラーク、病棟クラーク、
メディカルセクレタリー、
医療秘書技能検定試験、
メディカルクラーク、
メディカルアシスタント・メディカルクラーク、
ドクターズクラーク、
ドクターズ・オフィス・ワーク、
ドクターズオフィスワークアシスト
診療報酬請求事務能力認定試験
医療事務管理士技能認定試験
医療事務認定実務者試験
など

医療事務の資格の難易度はそれぞれの民間資格によりけりです。

この記事は医療事務のうちの
医師事務作業補助者」という職種に関する記事です。


医師事務作業補助者とは

医師事務作業補助者とは、医師の業務負担を軽減するための職種です。

医師事務作業補助者の資格

医師事務作業補助者という職種にはざっと調べただけでもいくつかの民間資格があります。

これらの民間資格に共通していることは、受験資格が不問であり、だれでも受験ができることです。

医師事務作業補助者(ドクターズオフィスワークアシスト)検定試験


医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)


メディカルセクレタリー(初級)資格認定試験



医師事務作業補助者の養成講座

医師事務アシスタント講座

この講座は生涯学習のユーキャンで開設されていた講座。
しかし2018年4月から休講。

医師事務作業補助者養成講座(ドクターズ・オフィス・ワーク)



医師事務作業補助者の誕生理由

医師事務作業補助者が誕生した理由は、医師に診療などの医師本来の仕事に専念してもらうためです。

病院で働く医師の労働が過酷であるため、そうした医師の業務の一部を医師事務作業補助者へ移管し、医師の業務負担を軽くするために医師事務作業補助者という職種が誕生しました。

医師の過労と医師不足

病院で働く医師、看護士、事務職員の長時間労働や残業代未払いがニュースで報じられています。

これは病院で働く勤務医の数が少ないこと、あるいは勤務医の数が地域や診療科によって偏っていることが主な理由とされています。

残業が多いとされる診療科は救急科、産婦人科、外科、小児科など。

医師の業務移管

医師の業務移管(タスクシフティング)とは、医師の業務負担を軽減するために以下の業務を医師以外の労働者に移管すること。
・検査手順の説明
・薬の説明
・入院の説明
・診断書の入力


一人の人間が医師になるまでの流れ

医師事務作業補助者はその仕事の性質上、医師の近くで働くことになります。

日本国内で一人の人間が医師になるまでの大まかな流れは以下のとおりです。

医学部に入学
→ 医師国家試験に合格
→ 医師免許を取得
→ 2年間の臨床研修

2年間の臨床研修を経て、基本的な診療ができるようになった医師は各地の病院で本格的に働くことになります。

専門医とは

専門医とは、臨床研修後、特定の診療科で専門的な治療技術等を習得し、日本専門医機構(一般社団法人)により専門医の認定を受けた医師のこと。

日本専門医機構による専門医の認定制度は2018年度からスタートします。

それ以前は各学会が独自に専門医の認定をしていました。


勤務医も労働者

勤務医も労働者であるため労働基準法の保護下にあります。
そして労働基準法は労働時間を1日8時間、週40時間を上限として規定しています。

ただし、労働基準法36条に基づく労使協定(いわゆるサブロク協定)を労使が結べば、企業(病院側)は労働者に時間外労働をするよう命じることができます。

そして現行の制度では、労使で36協定の特別条項を結べば、1ヶ月当たりの時間外労働が45時間を超え、1年間あたりの時間外労働に上限を無くすことも可能でした。

過労死ライン

厚生労働省による脳・心臓疾患に関する労災認定基準(いわゆる過労死ライン)は以下の通り。

発症前1ヶ月の間に労働者が100時間を超える残業をしていた場合

発症前2ヶ月~6ヶ月の間に労働者が一ヶ月あたり平均で80時間を超える残業をしていた場合

overwork.hatenablog.com


医師の応召義務とは

医師の応召義務とは、医師法19条に定められた義務のこと。

応召義務により、日本国民はいつでもどこでも医師の診療を受けられることを保証されています。

一方で、この応召義務の存在により医師は正当な理由が無いかぎり患者の診療を拒めず、診療に当たらなければならないことになっています。

医師の働き方改革

日本政府は2017年3月に残業時間に上限を設けて罰則もある働き方改革実行計画を作成しました。

2018年の国会では、残業時間を罰則付きで規制する法案が提出される見込み?

なお、医師は応召義務があるため働き方改革の中身が医師に適用されるまで、5年間の猶予期間が設定される予定。


全国医師ユニオン

全国医師ユニオンとは、2009年に結成された勤務医の労働組合のこと。

個人加盟制で、加盟組合員数は約100人。
経営者や病院長で無ければ入会可能。
URL:http://union.or.jp

用語解説:差額ベッド代

差額ベッド代は入院患者が個室を希望した時にかかるベッド料金のこと。

差額ベッド代は保険対象外であるため患者が自己負担しなければならない。


用語解説:特定機能病院

医療法に基づいて、厚生労働省が患者に高度医療を提供できると承認した病院のこと。

特定機能病院は全国に85あり、その大半が大学病院。

事実上、特定機能病院は各地域の拠点病院でもある。

特定機能病院として承認されると、入院料などの診療報酬が加算される。

特定機能病院の承認条件

・手厚い人員配置(通常病院の2倍程度の医師数)
・ベッド数400床以上
・診療科16以上(原則)
・安全管理部門の設置(医療事故対応)

特定機能病院は人員配置が手厚いことが承認の条件であるが、そこで働く医師、看護士、事務職員の長時間労働や時間外手当の未払いが問題となっている。

長時間労働の是正に向けた取り組みとして、医療事務担当者の配置が進んでいる。


生涯学習のユーキャンにおける医療事務

生涯学習のユーキャンにおいて医療事務の講座が開設されています。

以下は筆者の自宅に投函されていたユーキャンのチラシからの引用です。
(引用はじめ)
患者さんとの窓口になる重要な存在
やりがいと働きやすさが人気の秘訣
在宅受験できるので小さなお子さんがいても安心
長く安定して働ける
標準学習期間 4ヶ月
(引用終わり)