ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

保険業界、証券業界の大手企業

スポンサーリンク

保険業界、証券業界の大手企業

上場企業、特にJASDAQ上場企業に関しては各自で最新の状況を確認して下さい。

保険会社とは

保険会社とは、生命保険や損害保険などの保険を販売・運用する企業のこと。

保険会社の仕事は人々の日常生活における潜在的な危険(リスク)を回収し、
その代価としての保険料を徴収することにより、収益を上げることです。

もし保険加入者が死亡した、
家が火災に遭った、
交通事故に遭った
などの事態が起きた時は、
保険会社は契約に従い保険金を支払います。

ただし、近年は保険金の支払事由に該当していても加入者に保険金を支払わない、
いわゆる「不当な保険金不払い」が社会問題になることが時折あります。

保険の種類:生保、損保、第三分野保険

保険は以下の3種に大別できます。

生命保険

ある期間中の人の生死が対象。
定期、終身…

損害保険

住宅や自動車などのモノが対象。
火災保険、自動車保険…

第三分野保険

上記2種以外の医療保険や介護保険、就業不能障害保険など

生命保険と損害保険はそれぞれ事業免許が異なりますが、
第3分野保険はどちらの保険会社でも取り扱いができます。

また、人の生死が対象の生命保険は加入者が死亡してから保険金が受け取れるのが一般的なイメージですが、
多くの生命保険にはリビングニーズ特約という特約がついていることがあります。

リビングニーズ特約

この特約は余命6ヶ月と診断された時に生前から保険金を受け取れる特約です。

リビングニーズ特約により支払われた保険金は加入者本人の医療費や生活費に充てることができます。

自分の親がどのような生命保険に加入しているか、
そして自分自身はどのような生命保険に加入するべきか、一度考えてみると良いでしょう。

生命保険の大手

日本生命、かんぽ生命、第一生命、
明治安田生命、住友生命、
T&Dホールディングス、三井生命、
ソニー生命、アリコジャパン、アフラックなど

損害保険の大手

東京海上ホールディングス、
三井住友海上火災、損保ジャパン、
あいおい損害保険、日本興亜損保、
ニッセイ同和損保、アメリカンホームなど

保険業界の上場企業

東証
ライフネット生命保険、NKSJホールディングス
アメリカン・インターナショナル・グループ・インク
アフラック・インコーポレーテッド、アニコム ホールディングス
MS&ADインシュアランスグループホールディングス
ソニーフィナンシャルホールディングス
第一生命保険、東京海上ホールディングス
ウェブクルー、T&Dホールディングス

JASDAQ
アドバンテッジリスクマネジメント、アドバンスクリエイト



証券会社とは

証券会社とは、株式証券、社債、投資信託などを売買する金融機関のこと。

証券大手3社

野村ホールディングス、
大和証券グループ本社、
日興シティホールディングス


このほかに、
みずほ証券、松井証券、
岡三ホールディングス、
SBIイートレード証券、
マネックス証券、
カブドットコム証券、
楽天証券
などの証券会社がある。

証券取引所とは

証券取引所とは、証券を取引する施設のこと。

企業の上場審査やシステム運営などを担当しています。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、2018年1月から始まった投資信託をする人を支援するための非課税制度です。

つみたてNISAを利用すると、一定条件の範囲内では、税金がかからなくなります。

そのため、投資をする人が得るお金が増えます。


イデコ(iDeCo)とは

イデコとは、自分で年金を作るための方法の一つです。

年金といえば国民年金や厚生年金が有名ですが、これらは国がバックについた公的年金です。

一方、イデコは自分自身で年金を作る私的な年金制度の一つです。

個人型確定拠出年金の愛称を、イデコ(iDeCo)と呼んでいます。


証券・証券先物取引業界の上場企業

東証
Oak キャピタル、FPG、SBIホールディングス
日本アジア投資、ジャフコ、大和証券グループ本社
野村ホールディングス、岡三証券グループ、
東洋証券、丸三証券、極東証券、東海東京フィナンシャル・ホールディングス
光世証券、水戸証券、小林洋行、いちよし証券
高木証券、松井証券、だいこう証券ビジネス
マネックスグループ、カブドットコム証券
岩井コスモホールディングス
アジア・アライアンス・ホールディングス
あかつきフィナンシャルグループ

JASDAQ
フューチャーベンチャーキャピタル、澤田ホールディングス
丸八証券、スターホールディングス
トレイダーズホールディングス、岡藤ホールディングス
藍澤證券、インヴァスト証券、FXプライム
マネースクウェア・ジャパン、マネーパートナーズグループ
アストマックス、ひまわりホールディングス
スパークス・グループ、フジトミ、第一商品
豊商事、エース交易