ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

商業簿記 仮払い金と仮受け金

スポンサーリンク

商業簿記 仮払い金と仮受け金

日商簿記2級試験対策

ひょんなことから日商簿記2級を受験し、これに合格しました。

日商簿記2級の勉強の際に筆者が一番面倒に感じたのが、仕訳のパターンを覚えることでした。

その対策として、筆者は自分が苦手な簿記の仕訳のパターンをノートに書き出していました。
この記事はその時書き出した仕訳パターン分けの一部です。

筆者自身が過去に勉強した簿記の内容を忘れてしまうことが無いように、備忘録として残しています。

また、記事にするにあたって、スマートフォンでも見やすいように記事の内容を色々と最適化しています。

この記事は日商簿記2級の仮払い金と仮受け金に関する記事です。

仮払金(資産)

旅費などとりあえず支払っておくお金。
資産の減少があったにもかかわらず、取引内容が不明な時は一時的に仮払金で処理。

とりあえずお金を支払った時

→(借)仮払金 (貸)現金

何にいくら使ったか判明した時

→(借)旅費交通費、現金 (貸)仮払金

仮受金(負債)

とりあえず受け取っておくお金。
現金の受け取り、または当座預金への入金があったにもかかわらず、その原因が不明なときはその受取額を一時的に仮受金勘定で処理。

とりあえずお金を受け取った時

→(借)当座預金 (貸)仮受金

何のためのお金か分かった時

→(借)仮受金  (貸)売掛金


立替金(資産)

お金を立て替えた時

(借)立替金 (貸)現金

立替えたお金を返してもらった時

(借)給料  (貸)立替金、現金


預り金(負債)

お金を預かったとき

(借)給料 (貸)所得税預り金、現金

預かったお金を返した(支払った)時

(借)所得税預り金 (貸)現金


商品券(負債)

先にお金を受け取っているので、後で商品券と交換で商品を渡さねばならない。

商品券を発行し、現金を受け取った時

商品券という負債が増える。
(借)現金 (貸)商品券

商品を売り上げ、代金を商品券で受け取った時

商品券という負債が減る。
(借)商品券 (貸)売上


他店商品券(資産)


商品を売り上げ、代金を他店商品券で受け取った時

(借)他店商品券 (貸)売上
他店商品券という資産が増える。

精算したとき

(借)現金    (貸)他店商品券
他店商品券という資産が減る。


お金の貸し借り

貸付金(資産):貸したお金
借入金(負債):借りたお金
借用証書

現金を貸したとき

(借)貸付金 (貸)現金
貸付金という資産が増える。

現金を返してもらったとき

(借)現金  (貸)貸付金、受取利息
利息を受け取ったら受取利息(収益)

現金を借りたとき

(借)現金  (貸)借入金
借入金という負債が増える。

現金を返したとき

(借)借入金、支払利息 (貸)現金

利息を払ったら支払利息(費用)。


約束手形を担保に使う貸付け、借入れ

手形貸付金(資産)、手形借入金(負債)で処理。

現金を貸したとき

(借)手形貸付金 (貸)現金
手形貸付金という資産が増える。

現金を返してもらったとき

(借)現金   (貸)手形貸付金、受取利息
利息を受け取ったら受取利息(収益)。

現金を借りたとき

(借)現金 (貸)手形借入金
手形借入金という負債が増える。

現金を返したとき

(借)手形借入金、支払利息 (貸)現金

利息を払ったら支払利息(費用)。