ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

商業簿記 仕入れ

スポンサーリンク

商業簿記 仕入れ

日商簿記2級試験対策

ひょんなことから日商簿記2級を受験し、これに合格しました。

日商簿記2級の勉強の際に筆者が一番面倒に感じたのが、仕訳のパターンを覚えることでした。

その対策として、筆者は自分が苦手な簿記の仕訳のパターンをノートに書き出していました。
この記事はその時書き出した仕訳パターン分けの一部です。

筆者自身が過去に勉強した簿記の内容を忘れてしまうことが無いように、備忘録として残しています。

また、記事にするにあたって、スマートフォンでも見やすいように記事の内容を色々と最適化しています。

この記事は日商簿記2級試験対策の仕入れに関する記事です。

仕入

費用:増えたら借方、減ったら貸方に記入

仕入戻し(返品:商品が移動する)

一度仕入れた商品を返品したとき。
返品した商品分につき商品を仕入れたときと反対の仕訳を行う。

(借)買掛金 (貸)仕入

仕入値引き(値引き)

掛けで仕入れた商品に値引き
(借)買掛金 (貸)仕入

仕入諸掛り

運賃、保険料、手数料などの費用
仕入に関して発生した費用は仕入に含めて処理する。
商品の取得原価の一つとして仕入原価に含める。

(借)仕入 (貸)買掛金、現金(運賃:自分負担)

(借)仕入、立替金 (貸)買掛金、現金(運賃:相手負担)

仕入諸掛りが相手負担のときは立替金(資産)で処理。


売上(収益)

増えれば貸方、減れば借方に記入。

売掛金(資産)

商品を売って後でお金をもらえる権利
増えれば借方、減れば貸方に記入。

(借)売掛金 (貸)売上

売上戻り(返品:商品が移動する)

一度仕入れた商品を返品したとき。

返品した商品分につき商品を仕入れたときと反対の仕訳を行う。
(借)売上 (貸)売掛金


売上値引き(値引き)

売上げた商品に傷があって、代金の一部引き下げ。

掛けで仕入れた商品に25円の値引き
(借)売上25円 (貸)売掛金25円


販売諸掛り

運賃、保険料、手数料などの費用
販売に関して発生した費用は発送費(費用)で処理する。

(借)売掛金、発送費 (貸)売上、現金(運賃:自分負担)

(借)売掛金、立替金 (貸)売上、現金(運賃:相手負担)
販売諸掛りが相手負担のときは立替金(資産)で処理。


内金

商品を仕入れるときに前もって支払った代金の一部。
手付金は受け取り時にはまだ売上が計上されていないので、売掛金ではなく前受金として処理する。

内金として商品代金の一部を前受けしたときは「前受金(負債)」で処理
(注文を受けただけではまだ売上は計上できない)
(借)現金 (貸)前受金

商品を渡したとき

(借)前受金 (貸)売上
(借)売掛金

後で商品を渡さなければならない義務がなくなるので前受金(負債)を減らす。
また商品を渡した時点で売上(収益)を計上する。