ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

ボイラー技士の資格難易度

スポンサーリンク

ボイラー技士の資格難易度

ボイラー技士とビルメン4点セット

ビル管理会社に就職するためには、ビルメン4点セットと呼ばれる資格が必要と言われています。
そのビルメン4点セットとは以下の4つで、二級ボイラー技士もこれに該当します。

・第二種電気工事士(この4つの中で一番重要とされる)
・二級ボイラー技士
・第三種冷凍機械責任者
・危険物取扱者乙種4類

ボイラー技士とは?

ボイラー技士とは、建物内に設置されたボイラーを安全に運転するための業務を行なうボイラーの専門家。
ボイラー技士の資格は三つあり、上位の資格から順に特級ボイラー技士、1級ボイラー技士、2級ボイラー技士となっています。
(級の数字は漢数字が正式名称)

ビル管理会社などで大規模ボイラーの取り扱い主任者に任命されるには特級ボイラー技士、1級ボイラー技士の資格が必要とされています。

しかし、ビル管理会社に勤めていても、実際にボイラーが設置してある現場に配属になることあまりなく、実のところボイラー技士の需要はあまり無いとも言われています。

ボイラー技士試験の受験資格

ボイラー技士試験の受験資格は昔に比べて緩和されています。

特級ボイラー技士試験の受験資格

(1)1級ボイラー技士免許取得者
(2)大学、専門、高校でボイラー課程学科を卒業し、2年以上の実務経験者
(3)エネルギー管理士(熱)の有資格者で2年以上の実地修習者
(4)海技士(機関1級、2級)の有資格者。など。

1級ボイラー技士試験の受験資格

(1)2級ボイラー技士免許取得者
(2)大学、専門、高校でボイラー課程学科を卒業し、1年以上の実地修習者
(3)エネルギー管理士(熱)の有資格者で1年以上の実地修習者
(4)海技士(機関1級、2級、3級)の有資格者。など。

2級ボイラー技士試験の受験資格

なし。誰でも受験できる。

昔は2級ボイラー技士試験を受験するために事前にボイラー実技講習を修了する必要がありました。
事前にボイラー実技講習を修了することが2級ボイラー技士試験を受験するための条件だったのです。

現在はボイラー実技講習は2級ボイラー技士試験に合格した後で受講してもよいことになりました。
特級ボイラー技士試験、1級ボイラー技士試験の受験資格も以前に比べれば緩和されています。

第二種電気工事士試験も平成30年度(2018年度)から試験制度が変更されて、受験機会が増えました。
日本の人口減少に伴う受験者数の減少が背景にあるのかは分かりませんが、資格試験の受験機会が増えることは、その資格を取得しようとする者にとってはありがたいことです。

ボイラー技士試験の試験日程

特級:年1回。10月上旬
1級:年6回から年7回
2級:1ヶ月に1回から2回。交通の不便な場所が試験会場になることがある。

ボイラー技士試験の受験料:6,800円

ボイラー技士の試験内容

ボイラーの構造知識、
ボイラーの取り扱い知識、
燃料・燃焼知識、
法令

ボイラー技士の合格率

特級30%、1級50%、2級60%ほど

ボイラー実技講習

ボイラー技士の登竜門である2級ボイラー技士の資格を得るためには、単に試験に合格しただけではダメです。
試験に合格する前か、試験に合格したあとに、ボイラー実技講習を受講しなければなりません。

時期:月に一度程度の頻度で開催される。
日数:三日間。座学2日、実習1日。
場所:日本ボイラ協会の各都道府県支部。
費用:受講料は2万円程度
備考:

ボイラー実技講習(三日かかる)は平日に開催される

ボイラー実技講習は平日に開催される都道府県がほとんどのようです。
そのため社会人がボイラー実技講習を受講しようとした場合、平日に三日間も勤務先を休まなくてはならなくなります。

これではせっかく2級ボイラー技士試験の受験資格が緩和しても、平日に三日間も勤務先を休まなくては免許を得られないことになります。
これは社会人の受験者にとって非常にハードルが高いと思います。

埼玉支部のボイラー実技講習は土日に開催している

埼玉支部のボイラー実技講習は土日に開催しています。
そのため土日が休日の社会人が2級ボイラー技士免許を取得しようとした場合、埼玉支部でボイラー実技講習を受講すれば金曜日か月曜日のどちらか1日勤務先を休むだけでボイラー実技講習を受講できます。

別に埼玉県民でなくても埼玉支部のボイラー実技講習を受講できるので、関東近郊の社会人受験者は埼玉支部のボイラー実技講習を受けに行くと平日休みを1日に抑えることができます。

なお、消費税増税と時を同じくしてボイラー実技講習の受講料も少し値上がりしました。
今後、消費税がさらに上がったときは、そのタイミングで再び受講料が上がるかもしれません。

時間に余裕のある人は、早めにボイラー実技講習を受けに行くとよいでしょう。