ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

ホワイト企業選びと株式投資の判断材料

スポンサーリンク

ホワイト企業選びと株式投資の判断材料

いわゆるホワイト企業やブラック企業には明確な定義がありません。

そのためホワイト企業に投資したいと考えている個人投資家がいても、どの企業に投資したらよいのか合理的に判断する材料が見当たりませんでした。

2014年までは。

健康経営銘柄とは

2015年から健康経営銘柄というものが毎年選ばれています。

健康経営銘柄とは、経済産業省と東京証券取引所が以下の基準で東京証券取引所の上場会社の中から選んだ企業リストのこと。

健康経営銘柄は毎年一度、原則1業種につき1社選ばれます。

この企業リストに選ばれた企業は「従業員の健康のことを考えて経営している企業である」と公表されます。

ブラック企業の典型パターンを「利益を追い求める経営者が、社員に過酷な労働を強いている会社」とするならば、従業員の健康のことを考えて経営している企業はブラック企業ではないのかもしれません。

ホワイト企業と就職活動

健康経営銘柄は学生の就職先としても魅力的に映るでしょうし、就職活動の志望動機も抱きやすいと思います。

ただし、健康経営銘柄は事実上、上場している各業界のトップ企業か大手企業が選ばれるため、就職活動の倍率は高くなります。


「【60秒解説】市場が選ぶホワイト企業」(経済産業省) (http://www.meti.go.jp/main/60sec/2016/20160122001.html)を加工して作成

2018年の健康経営銘柄

住友林業(株):建設業
(株)ベネフィット・ワン:サービス業
味の素(株):食料品
(株)ワコールホールディングス:繊維製品
花王(株):化学
塩野義製薬(株):医薬品
テルモ(株):精密機器
コニカミノルタ(株):電気機器
バンドー化学(株):ゴム製品
TOTO(株):ガラス・土石製品
JFEホールディングス(株):鉄鋼
(株)フジクラ:非鉄金属
リンナイ(株):金属製品
(株)ダイフク:機械
(株)デンソー:輸送用機器
凸版印刷(株):その他製品
キヤノンマーケティングジャパン(株):卸売業
(株)丸井グループ:小売業
(株)みずほフィナンシャルグループ:銀行業
リコーリース(株):その他金融業
(株)大和証券グループ本社:証券・商品先物取引業
東京海上ホールディングス(株):保険業
フジ住宅(株):不動産業
東京急行電鉄(株):陸運業
ANAホールディングス(株):空運業
SCSK(株):情報・通信業

「「健康経営銘柄2018」に26社を選定しました!」(経済産業省) (http://www.meti.go.jp/press/2017/02/20180220002/20180220002.html)を加工して作成


健康経営銘柄制度の目的

投資家に健康経営銘柄を紹介することによって、企業による健康経営の取り組みを促進すること。

健康経営銘柄として評価されるためのポイント

健康経営銘柄として評価されるためのポイントは以下のとおり。

経営から現場まで各視点で従業員の健康への取り組みができているか

健康経営が経営理念・方針に位置づけられているか

健康経営に取り組むための組織体制が構築されているか

健康経営に取り組むための制度があり、施策が実行されているか

健康経営の取り組みを評価し、改善に取り組んでいるか

法令を遵守しているか

健康経営銘柄に選ばれる基準(2018)

健康経営銘柄に選ばれる基準は、年度によって微妙に異なる印象。
特にROEの扱い。

従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいること。

健康経営度調査の総合評価の順位が上位20%以内であること。
すべての上場会社に対して従業員の健康に関する取り組みについての調査が行われます。

ROEの直近3年間平均が0%以上であること。

重大な法令違反等がないこと。
など

「健康経営銘柄」(経済産業省) (http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenko_meigara.html)を加工して作成

用語解説:ROEとは

ROE(Return on Equity)とは、株主資本利益率のこと。
単位株主資本あたりの利益率。

ROEは株主が投資した資本(お金)を、企業がどれくらい有効に使って利益を上げているかを見る指標です。

投資の世界ではROEは1990年代半ばから注目されている指標で、企業の税引き利益を株主資本で割って算出します。

ROE=当期利益/株主資本×100〔%〕

ROE = 1株当たり純利益(EPS) ÷ 1株当たり純資産(BPS)


EPSとは:1株あたり利益

EPS(Earnings Per Share)は1株あたりに換算して企業がどれだけ利益を上げたかを評価する判断材料。

EPS=当期利益/期中平均発行済み株式総数(円)


BPSとは

BPS(Book-value Per Share)とは、一株当たりの純資産。

純資産(= 自己資本あるいは株主資産)を発行済み株式数で割ったもの。

その株の理論上の底値を表す。


ROEは株主が投資先を判断する目安

ROEは純資産からどれだけ利益をあげているかどうかの効率を意味します。

基本的には、企業の利益はその企業の株主のものです。

株主が企業に投資し、その企業が利益をあげれば株主も潤うことができます。

ROEは投資先がこの基本をしっかりできている企業かどうかの目安になります。

ROEの数値の目安

ROEの数値は、投資家のスタイルによって目安の数値が変わります。

割安と思われる企業の価値を数字でパッと判断できるバリュー投資の場合、ROE 10%以上が一つの目安となります。
特にアメリカの企業は高いROEを上げることに力を注いでいる企業が多いです。

一方で、企業の持続的な成長性を重視する投資スタイルの場合はROE 10%以上と言うことにこだわらなくてもよいのかもしれません。

2018年の健康経営銘柄に選ばれるための条件の一つは「ROEの直近3年間平均が0%以上であること」なので、ROEの数値としてはかなり低めの基準であるように感じます。


ストレスチェックとは

ストレスチェックとは、労働者のストレスの程度を点数化して評価すること。

ストレスチェックの結果、高ストレスと判定された労働者には医師による面接指導が必要か否かの確認が行われます。

ストレスチェックに関する法令

労働安全衛生法 第66条の10
2015年12月1日施行済
→ストレスチェックの義務化

ストレスチェックの実施が義務な企業

労働者が50人以上いる企業はストレスチェックを実施しなければならない。
(労働者50人未満の事業場は当分の間は努力義務)

したがって、健康経営銘柄に選ばれるような大手企業では、必ずストレスチェックが行なわれています。

不利益取扱いの禁止

労働者が以下の行動をとったとしても、それを理由とした解雇、雇い止め、人事異動などはできない。

・ストレスチェックを受けない
・ストレスチェックの結果を会社に提供することに同意しない
・面接指導の申し出をしない
など

ストレスチェックの頻度

1年以内に1回、一定時期に実施。

ストレスチェックの流れ

1.ストレスチェックの方針決定

事業者(社長など)

2.ストレスチェックの説明

会社側から労働者へ

3.ストレスチェックの実施

実施者:医師、看護士、保健師、精神保健福祉士
実施事務従事者:事務職員など

4.ストレスチェックの結果を労働者に通知

低ストレス者と高ストレス者とでその後の流れが異なる。

低ストレス者

→セルフケア(労働者本人による心の健康維持)

高ストレス者

→産業医による面接指導
必要に応じ、就業上の措置が執られる。
例:就業場所の変更、作業転換、労働時間短縮、深夜業の回数を減らすなど

ストレスチェックの調査項目

ストレスチェックでは以下の3項目について調査票による調査が行われます。

心理的負担の原因に関する項目

例:不安や悩みはありますか?

心身の自覚的症状に関する項目

例:体調はどうですか?

他の労働者の支援に関する項目

例:上司や同僚などから仕事のサポートが受けられる状況ですか?

ストレスチェックの守秘義務

ストレスチェックの実施や面接指導に従事した者は、その内容に関する守秘義務が発生する。


職場の人間関係とハラスメント

近年、パワハラによる労災の審査件数が増えています。

パワハラによって従業員が体や心に傷を負って休職した場合、その企業が健康経営銘柄に選ばれる可能性は低くなります。

そして場合によってはパワハラを受けた従業員に損害賠償をしなければならなくなります。

たとえば会社で働く従業員がパワハラによりメンタルヘルス上の問題を抱えて死亡し、遺族が会社に対して損害賠償裁判を起こした場合、おおよそ数千万円から1億円が損害賠償額の相場とされています。

裁判所にパワハラが認定された場合、会社はパワハラを受けた従業員あるいは遺族に損害賠償をしなければなりません。

パワハラの予防と解決に取り組むことは、健康経営銘柄に選ばれるために事実上避けては通れない道です。


パワハラ(パワーハラスメント)とは

パワハラ(パワーハラスメント)とは、
同じ職場で働く従業員等に対し、
上司、同僚、部下などの職場内の優位性を背景にして精神的、身体的な苦痛を与えること。

または職場環境を悪くすること。


パワハラの事例

職場で働く者に対し、以下の行為等を行なうこと。

プライバシーに過度に立ち入ること

過大な要求をすること
例:遂行不可能な業務を労働者に与える

暴行すること
例:殴る、蹴る、ネクタイを引っ張るなど

脅迫すること
例:こんなミスしてんじゃねえ、殺すぞ

侮辱すること
例:このバカ、ボケ、アホ、お前どうしようもないな

暴言を吐くこと
例:お前は給料泥棒だ、お前本当に学校出たのか

無視すること
例:社内回覧物が自分のところに回ってこない等

隔離すること

業務上の合理性が無く、その人の能力や経験に見合わない程度の低い仕事をさせること

業務上明らかに不要な仕事を強制すること
例:草むしりなど


パワハラへの取り組み方

相談窓口を設置する(社内、社外)

事業所にメンタルヘルスカウンセラーを配置する

管理職にパワハラ研修を実施する

パワハラの啓発資料を従業員に配布する

パワハラの啓発資料を職場に掲示する

パワハラの予防と解決を就業規則に取り入れる

パワハラの予防と解決を会社方針に取り入れる
例:企業理念、経営計画、経営方針、行動憲章など


2017年の健康経営銘柄

大和ハウス工業:建設業
ネクスト:サービス業
ローソン:小売業
味の素:食料品
ワコールホールディングス:繊維製品
花王:化学
塩野義製薬:医薬品
テルモ:精密機器
バンドー化学:ゴム製品
TOTO:ガラス・土石製品
神戸製鋼所:鉄鋼
リンナイ:金属製品
サトーホールディングス:機械
ブラザー工業:電気機器
デンソー:輸送用機器
トッパン・フォームズ:その他製品
伊藤忠商事:卸売業
大和証券グループ本社:証券・商品先物取引業
東京海上ホールディングス:保険業
大京:不動産業
東京急行電鉄:陸運業
日本航空:空運業
東京ガス:電気・ガス業
SCSK:情報・通信業

「「健康経営銘柄2017」選定企業24社を発表しました!」(経済産業省) (http://www.meti.go.jp/press/2016/02/20170221004/20170221004.html)を加工して作成

2016年の健康経営銘柄

住友林業:建設業
ネクスト:サービス業
アサヒグループホールディングス:食料品
ローソン:小売業
ワコールホールディングス:繊維製品
花王:化学
塩野義製薬:医薬品
テルモ:精密機器
コニカミノルタ:電気機器
東燃ゼネラル石油:石油・石炭製品
ブリヂストン:ゴム製品
TOTO:ガラス・土石製品
神戸製鋼所:鉄鋼
リンナイ:金属製品
川崎重工業:輸送用機器
IHI:機械
トッパン・フォームズ:その他製品
伊藤忠商事:卸売業
リコーリース:その他金融業
大和証券グループ本社:証券・商品先物取引業
東京海上ホールディングス:保険業
フジ住宅:不動産業
東京急行電鉄:陸運業
日本航空:空運業
SCSK:情報・通信業

「「健康経営銘柄 2016」選定企業25社を発表しました!」(経済産業省) (http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/downloadfiles/2016newsrelease.pdf)を加工して作成

2015年の健康経営銘柄

アサヒグループホールディングス:食料品
東レ:繊維製品
花王:化学
ロート製薬:医薬品
東燃ゼネラル石油:石油・石炭製品
ブリヂストン:ゴム製品
TOTO:ガラス・土石製品
神戸製鋼所:鉄鋼
コニカミノルタ:電気機器
川崎重工業:輸送用機器
テルモ:精密機器
アシックス:その他製品
広島ガス:電気・ガス業
東京急行電鉄:陸運業
日本航空:空運業
SCSK:情報・通信業
丸紅:卸売業
ローソン:小売業
三菱UFJフィナンシャル・グループ:銀?業
大和証券グループ本社:証券・商品先物取引業
第一生命保険:保険業
リンクアンドモチベーション:サービス業

「平成26年度「健康経営銘柄」を発表しました」(経済産業省) (http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/downloadfiles/2015newsrelease.pdf)を加工して作成


ホワイト企業就職偏差値ランキングとの比較

ホワイト企業就職偏差値ランキングというものがあります。

これを健康経営銘柄と比較してみると、両方に該当している企業は見当たりません。

ホワイト企業就職偏差値ランキング上位の福音館書店、医学書院、医歯薬出版は非上場企業なので、健康経営銘柄に選ばれることはありません。

以下に就職偏差値ランキングまとめサイトからホワイト企業就職偏差値ランキング(URL:http://jobranking.sakura.ne.jp/sougou/white.html)を引用します。

(引用はじめ)
【マターリ】ホワイト企業就職偏差値ランキング【高給】
絶対条件:1.ホワイトカラーである。2.公式にはリストラしていない。3.途上国や危険地域には行かない。
前提条件:1.終電では必ず帰れる。2.精神的激務(高ノルマ営業等)が無い。
3.勤続年数15年以上・平均年齢40歳以上、これらいずれも満たさない場合は削除検討。
判断基準:1.各企業に持ち点60を与え、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳの基準で増減する。2.知名度、倍率、内定者の学歴は問わない。
Ⅰ.給料 30歳で1000万(+7) 35歳で1000(+5) 40歳で1000(+3) 45歳で1000(0)
Ⅱ.退勤 18時(+3) 19時(+2) 20時(0)
Ⅲ.転勤 原則無し(+2) 数箇所(+1) 国内都市(0) 国内僻地&海外都市(-1)
Ⅳ.競合 独占参入障壁(+2) 参入障壁(+1) 自由競争(0)

<判定要素に基づいたランキング>
72 福音館書店 医学書院 医歯薬出版
71 経団連
70 日証金 金融取 南江堂 東証
69 証券保管振替機構 私大職員(大都市圏)
68 日証協 小田急 京王 東急
67 首都高速 JRA JASRAC 全銀協
66 JFC(国・農)JR東海 大証 農林中金 日本財団 JSAT 損保協
65 JFC(中)阪神高速 NEXCO(東・中・西) 京成 京急 メトロ 京阪 地方電力 関経連
64 信用保証協会(大都市圏) JAEA 商工会議所(日本・東京・大阪)相鉄 東武 西武
63 東京ビッグサイト 幕張メッセ 成田国際空港 関西国際空港 中部国際空港 生保協
62 大証金 中証金 東ガス ANA 中央三電力
61 関東天然瓦斯開発 三菱倉庫 安田倉庫 東京都競馬NTTコム JR東 JR西
(引用終わり)