ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

危険物取扱者

第6類危険物の酸化性液体

第6類危険物 酸化性液体 この記事は危険物取扱者 第6類危険物 酸化性液体に関する記事です。 第6類危険物 酸化性液体 第6類危険物 酸化性液体はもちろん液体。 酸化力の潜在的な危険性をもつ液体のこと。 酸化性液体は混在する他の可燃性物質の燃焼を促進す…

第5類危険物の自己反応性物質

第5類危険物 自己反応性物質 この記事は危険物取扱者 第5類危険物 自己反応性物質に関する記事です。 第5類危険物 自己反応性物質 第5類危険物の自己反応性物質は 固体か液体で、 爆発の危険性がある物 か 加熱分解が激しい物のこと。 自己反応性物質はすべ…

第4類危険物の引火性液体

第4類危険物 引火性液体 この記事は危険物取扱者 第4類危険物 引火性液体に関する記事です。 第4類危険物 引火性液体 第4類の危険物は引火の危険性を判断するため確認試験(引火点測定試験)を行います。 参照 第4類及び指定可燃物判断フローチャート アルコー…

第3類危険物の自然発火性物質と禁水性物質

第3類危険物 自然発火性物質と禁水性物質 この記事は危険物取扱者 第3類危険物 自然発火性物質と禁水性物質に関する記事です。 第3類危険物 自然発火性物質と禁水性物質 自然発火性物質及び禁水性物質とは、以下の危険性がある固体または液体のこと。 空気中…

第2類危険物の可燃性固体

第2類危険物の可燃性固体 この記事は危険物取扱者 第2類危険物 可燃性固体に関する記事です。 第2類危険物 可燃性固体 第2類危険物の可燃性固体とは、引火性を示す固体のこと。 可燃性固体はすべて強還元性物質。 燃焼時に有毒ガスを発生させるものが多い。 …

第1類危険物の酸化性固体

第1類危険物 酸化性固体 この記事は危険物取扱者 第1類危険物 酸化性固体に関する記事です。 第1類危険物 酸化性固体 (消防法 別表第1抜粋) 酸化性固体はすべて酸素を含有している。 (5類危険物と同じ) 酸化性固体は一般に無機化合物で、それ自体は不燃性。…

危険物取扱者の資格難易度

危険物取扱者の資格難易度 消防法における危険物とは 危険物とは「火災や爆発事故を起こす危険性がある」として消防法で定められた物品のこと。 危険物を使用したり、貯蔵中したり、輸送中したりする場合は消防法に従わねばなりません。 具体的には、危険物…

タンクローリードライバーに必要な資格

危険物取扱タンクローリードライバーに必要な資格 危険物の移送とタンクローリー 移送とは、タンクローリーによる危険物の輸送のこと。 タンクローリーとは 移動タンク貯蔵所(タンクローリー)は、車両に固定されたタンクで危険物を貯蔵し、取り扱う危険物施…

化学反応速度論の話

化学反応速度論の話 ヘスの法則:総熱量保存の法則 ヘスの法則(総熱量保存の法則)とは、物質が変化するときに出入りする熱量(反応エンタルピー、燃焼エンタルピー、生成エンタルピーなど)は、 反応の最初と最後の状態だけで決まり、 反応の経路や方法には無…

有機化学反応の種類

有機化学反応の種類 1.付加反応 2.置換反応 3.脱離反応 4.転移反応 1.付加反応 付加反応とは、多重結合のπ結合が切れて、分子が結合する反応のこと。 付加反応には、求電子付加反応やラジカル付加反応があります。 1-1.イオン機構とは 付加反応におけるイオ…

危険物施設の申請手続き

危険物施設の申請手続きの種類 1.許可 2.認可 3.承認 4.届出 申請先 これら1から4は「市町村長等」に対して行う。 1.許可が必要な場合 設置:危険物施設を設置する場合 変更:危険物施設の位置、構造、設備を変更する場合。 許可を申請してからの流れ 許可申…

気体の状態方程式を理解する

気体の状態方程式を理解する 気体の性質(The properties of gases) ドルトンの法則(Dalton's law)とは ドルトンの法則(Dalton's law)とは、 ある気体の分圧とモル分率の関係について、 混合気体の全圧Pは各成分気体の分圧P1、P2、P3…の和に等しいという法則…

結晶の種類を知る

結晶とは 結晶とは、構成粒子が周期的に配列してできた固体のこと。 結晶構造は構成粒子の周期性を示す最小単位あるいはそれに順ずる構造を図示することで表現されます。 これを単位格子と呼びます。 また、構成粒子に隣接する粒子の数を「配位数」といいま…

ルシャトリエの原理を理解する

ルシャトリエの原理を理解する 化学平衡とは 可逆反応において、正反応と逆反応の反応速度がつりあって、反応物と生成物の組成比が全体としては変化しなくなる状態のことを化学平衡といいます。 化学反応が化学平衡の状態にあれば、正反応と逆反応の速度がつ…