ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する

公務員試験の難易度

公務員試験の就職難易度

公務員は国家公務員と地方公務員に大別される。 国家公務員とは 国家公務員とは、国に勤務し、中央省庁などの国の機関で働く公務員のこと。 国家公務員は日本国全体で約66万人いる。 特別職公務員とは 特別職公務員とは、公務員のうち一般職とは区別され、特…

消防官(消防士)になるには

消防官(消防士、Firefighter)になるには 消防官は日常の防災啓発、救急活動、火災現場での消火・調査活動、さらには様々な災害地域に派遣されるなど、非常に仕事の幅が広い公務員です。 企業に対する査察業務や消防指令センターでの業務もあります。 消防官…

刑務官採用試験の難易度

刑務官とは? 刑務官とは、刑事施設(刑務所、少年刑務所、拘置所)に勤務して、刑事施設内の保安警備や作業監督などを行う国家公務員。 刑務所や少年刑務所では、受刑者に再び過ちを繰り返させずに社会復帰を実現するための指導も行う。 拘置所では勾留中の被…

旧公務員試験の年齢制限

旧公務員試験の年齢制限 この記事は旧体系で公務員試験が実施されていた頃に作成したものです。 この記事は過去との比較用に残しています。 注意:現在の公務員試験の年齢制限とは乖離しています。 公務員試験の年齢制限 公務員試験の受験資格には年齢制限が…

裁判所事務官採用試験の難易度

裁判所事務官とは 裁判所事務官とは、裁判所の事務全般を担当する公務員。 日本国内の各裁判所に配属され、裁判の合理的で効率的な運用のための総務、人事、会計などの一般事務を行う。 日本の裁判所の種類 最高裁判所(1か所) 高等裁判所(8か所)、知的財産高…

労働基準監督官採用試験の難易度

労働基準監督官とは 労働基準監督官は厚生労働省の専門職員(国家公務員)。 日本国内のあらゆる職場が法律にもとづいて労働者を雇用し、労務管理しているかを監督する。 労働基準監督官の仕事 職場への立ち入り監査 特別司法警察員の業務(労基法等に違反した…

衆議院事務局職員採用試験の難易度

衆議院事務局職員とは? 衆議院事務局職員とは、衆議院の運営、調査などをサポートする職員。 特別職の国家公務員(国会職員)として衆議院事務局本会議や委員会等の会議運営、調査事務、一般事務などを行う。 衆議院事務局職員は基本的に異動はあっても転勤は…

警察官の階級と武道枠

警察官になるには 警察官は犯罪のルール(法律)を運用して、犯罪を予防、捜査し、容疑者を逮捕する公務員。 大別して、警察官には以下の2タイプがある。 1.国家公務員(警察キャリア組、警察庁) 国家公務員試験に合格後、全国の警察を指揮する。 1-1.国家公務…

法務教官の試験区分と難易度

法務教官とは 法務教官とは、少年鑑別所、少年院に勤務し、家庭裁判所から送致された少年の生活指導や矯正教育に当たる国家公務員。 非行を犯した少年に対し、少年を更生して社会復帰させることをその仕事としている。 具体的には、 家裁から送致された少年…

自衛官の階級と自衛官候補生採用試験

自衛官(Self-Defense Official)とは 自衛官とは、防衛省(Ministry of Defense)や自衛隊(Japan Self-Defense Forces:JSDF)に勤務する特別職の国家公務員。 ほとんどの防衛省職員が、特別職国家公務員としての自衛隊員という位置づけになっている。 自衛隊…

わかりやすい憲法改正手続きの流れ

わかりやすい憲法改正手続きの流れ 2018年以降、日本国憲法の改正手続きが実施される可能性があります。 この記事は日本国憲法の改正手続きがどのようにして行われるのか、筆者が理解したことを整理しています。 この記事にはイラストはありませんが、文章だ…

参議院事務局職員になるには

参議院事務局職員とは? 参議院事務局職員とは、参議院の運営、調査などをサポートする職員。 特別職の国家公務員として参議院本会議、委員会等の会議運営、調査事務、会計事務、一般事務などを行う。 参議院事務局職員の区分 参議院事務局職員は、基本的に…

皇宮護衛官になるには

皇宮護衛官とは? 皇宮護衛官とは、いわゆる皇宮警察として皇居や御所の警備を行なう国家公務員。 転勤が少なく危険度も低いため、他の警察官採用試験に比べて人気が高い。 この記事には記載していないが、皇宮護衛官採用試験にもいわゆる武道枠が存在する。…

家庭裁判所調査官になるには

家庭裁判所調査官になるには 家庭裁判所調査官とは、家庭裁判所が担当する少年事件や家庭紛争を調査し、加害者の更正と事件解決するための最善策を検討し、裁判官に報告する国家公務員です。 法律の知識以外に心理学、社会福祉学などの知識が要求される仕事…