OverWork

OW:オーバーワーク、働きすぎ、過労

自衛官の階級と自衛官候補生採用試験

スポンサーリンク

自衛官(Self-Defense Official)とは

自衛官とは、防衛省(Ministry of Defense)や自衛隊(Japan Self-Defense Forces:JSDF)に勤務する特別職の国家公務員。

ほとんどの防衛省職員が、特別職国家公務員としての自衛隊員という位置づけになっている。

自衛隊員のうち、制服を着用して、武器を持って戦うことを任務としているのが自衛官。

自衛官は武官、あるいは制服組とも呼ばれる。
自衛官は外国の武力侵略などで日本国を防衛する必要が生じた時や、災害などの非常事態が発生した時に出動する。

自衛官の数はおよそ24万人。
かつての旧日本軍のように徴兵制ではなく、志願制によって要員を確保している。
また、すべての職域が女性にも開放されており、全国各地で約1万名の女性自衛官が活躍している。

自衛官は高卒者が多数だが、大卒者も増加している。


自衛官採用試験

自衛官採用試験には様々な種類がある。
その中で採用試験合格後の階級が最も低いのが自衛官候補生の採用試験である。

自衛官の階級

< はより上位の階級であることを表す。

幹部階級(尉官<佐官<将官)


将官階級(将補<将<陸、海、空幕長<統幕長)
陸、海、空幕長、統幕長は大将に相当する。
将補が少将、将が中将に相当する。

佐官階級(3佐<2佐<1佐)
3佐が少佐、2佐が中佐、1佐が大佐に相当する。

尉官階級(3尉<2尉<1尉)
3尉が少尉、2尉が中尉、 1尉が大尉に相当する。

――― ↑ 士官(幹部自衛官) ↑ ―――

准尉階級
曹階級(3曹<2曹<1曹<曹長)

―― ↑ 下士官(非任期制自衛官) ↑ ――

士階級(2士<1士<士長)

―― ↑ 兵卒(任期制自衛官) ↑ ――

自衛官候補生として採用されると、2士階級からスタートする。


自衛隊幹部候補生

自衛隊幹部候補生採用試験に合格すると、自衛隊幹部候補生となる。

自衛隊幹部候補生として採用されると同時に陸自、海自、空自の各自衛隊の曹長に任命される。
そして各自衛隊の幹部候補生学校に入校する。
自衛隊幹部候補生はこの期間中の自衛官のことを指す。

幹部候補生学校で一定期間(半年から1年間)の教育を受けた後、尉官に昇任する。
その後、各自の能力に応じて自衛隊幹部としてより上位の階級(佐官や将官)に昇任していく。

防衛大学校を卒業した学生の多くが自衛隊幹部候補生としての道を歩むことになる。
なお、一般の大学卒業者や大学院修了者も自衛隊幹部候補生の採用試験を受けることは可能。

一般曹候補生

一般曹候補生として採用されると、入隊から2年9ヶ月経ったのち、選考により曹階級(3曹)へ昇任する。
曹階級は士階級の上位階級であり、非任期制の自衛官である。

ただし、一般曹候補生のすべてが自動的に曹階級への昇任を保障されているわけではない。
曹への昇任が見込めない一般曹候補生は、任期制自衛官のように自衛官を退官することになる。


自衛官候補生の採用試験

自衛官候補生はいわば見習い自衛官的な存在である。

自衛官候補生の採用試験に合格すると、約3ヶ月間、自衛官になるために必要な基礎的教育訓練に専念することになる。
自衛官候補生はこの訓練期間中の自衛官のことを指す。

3ヶ月の基礎教育訓練が終了すると、各部隊に配属され、任期制自衛官である2士(2等陸士、2等海士、2等空士)に任官する。

2士は軍隊で言うところの2等兵であり、軍隊内の一番下の階級である。
軍隊内では階級がすべてであるので、2士は自衛隊内で一番弱い立場にある。
しかし、兵卒がいなければどんな軍隊も軍隊として機能することはできない。

各部隊に配属されてから約9か月後、2士は1士(1等陸士、1等海士、1等空士)に昇任する。
(自衛官候補生の採用試験合格からおよそ1年後)

さらに1年後、1士は士長(陸士長、海士長、空士長)に昇任する。
なお、2士、1士、士長はどれも任期制自衛官(士階級)である。


自衛官候補生採用試験の受験資格

・日本国籍を有し、男女共、採用予定月の1日で18歳以上27歳未満の者。

自衛官候補生採用試験の試験内容


一般教養:国語、数学、社会

作文

面接:個別による口述試験

適性検査

身体検査

身体検査の合格条件

・身長:男子155cm以上、女子150cm以上の者

・胸囲と体重が身長と均衡を保っている者

・裸眼視力が両目0.6以上
裸眼視力0.1以上で矯正視力0.8以上、など

・色盲または強度の色弱でない者
 (任務遂行に支障のない程度の者は差し支えないと思われる)

・虫歯や未治療の欠損歯が多くない者

・聴力が正常な者

・慢性疾患、感染症にかかっていない者

・四肢の関節等に異常のない者

過去に開腹手術を受けたことがない者(盲腸手術など除外規定あり)

刺青がない者

過去に自殺しようとしたことのない者

躁うつ病等の精神疾患の無い者または過去に精神疾患にかかったことのない者


自衛官候補生採用試験の受験料

無料

自衛官候補生採用試験の合格発表日

受験日より約1ヵ月後