OverWork

OW:オーバーワーク、働きすぎ、過労

皇宮護衛官になるには

スポンサーリンク

皇宮護衛官とは?

皇宮護衛官とは、いわゆる皇宮警察として皇居や御所の警備を行なう国家公務員。
転勤が少なく危険度も低いため、他の警察官採用試験に比べて人気が高い。
この記事には記載していないが、皇宮護衛官採用試験にもいわゆる武道枠が存在する。

皇宮護衛官採用試験の受験資格

大卒程度

・受験年の4月1日で21歳以上30歳未満の者。

高卒程度

・受験年の4月1日で高校あるいは中学を卒業した日の翌日から5年を経過していない者

受験年の4月1日で17歳以上23歳未満の者。
皇宮警察学校で高卒者は10ヶ月、大卒者は6ヶ月訓練機関を経た者。

※以下に該当する者は受験できない。
・日本の国籍を有しない者。
・成年被後見人、被保佐人(準禁治産者を含む。)
・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者。
その他その執行を受けることがなくなるまでの者
・一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者
・政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

皇宮護衛官採用試験の試験内容

一次試験

高卒、大卒の区分により出題数が異なる。

基礎能力試験

文章理解、課題処理、数的処理、資料解釈
自然科学、人文科学、社会科学
国語、数学、理科、社会、英語、知能

課題論文試験

文章による表現力、課題に対する理解力などについての筆記試験

二次試験

・人物試験:人柄、対人的能力などについての個別面接
・身体検査:胸部疾患、血圧、尿、その他一般内科系検査
・身体測定:身長、体重、視力、色覚についての測定
・体力検査:身体の筋持久力、瞬発力、敏捷性についての検査

※次のいずれかに該当する者は不合格となる。
・身長が男子160cm、女子148cmに満たない者
・体重が男子48kg、女子41kgに満たない者
胸囲が78cmに満たない者

・色覚に異常のある者
 (ただし職務遂行に支障のない程度の者は差し支えない)

・裸眼視力または矯正視力が
 どちらか1眼でも0.5に満たない者、
 あるいは両眼で0.8に満たない者
 (ただし、両眼とも矯正視力が1.0以上の者は差し支えない。)

・四肢の運動機能に異常のある者


皇宮護衛官採用試験の願書受付期間

大卒程度

4月上旬

高卒程度

7月下旬

皇宮護衛官採用試験の試験日程

大卒程度

一次試験:6月中旬
二次試験:7月下旬

高卒程度

一次試験:9月下旬
二次試験:10月下旬

皇宮護衛官採用試験の受験地

大卒程度、高卒程度、どちらも以下のとおり。
以前と比べて受験地の選択肢が少なくなっている。

一次試験:札幌市、多賀城市、東京都、大阪市、福岡市
仙台、名古屋、京都、広島、高松、熊本、鹿児島、那覇

二次試験:札幌市、仙台市、東京都、京都市、福岡市、
広島、那覇

皇宮護衛官採用試験の受験料

無料。

皇宮護衛官採用試験の合格発表日

大卒程度

一次試験:7月中旬
二次試験:8月下旬

高卒程度

一次試験:10月中旬
二次試験:11月下旬

皇宮護衛官採用試験の合格率

大卒程度:3%程度
高卒程度:3%程度