OverWork

OW:オーバーワーク、働きすぎ、過労

甲種危険物取扱者の資格難易度

スポンサーリンク

甲種危険物取扱者の資格難易度


危険物取扱者は国家資格

一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければいけません。
就職し、会社の業務で一定数量以上の危険物を取り扱う場合は危険物取扱者の資格が必要になります。

甲種危険物取扱者は全類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができます。
さらに、甲種もしくは乙種危険物取扱者が立ち会えば、危険物取扱者免状を有していない一般の者も、取り扱いと定期点検を行うことができます。

危険物の分類

 第1類危険物:酸化性固体
 第2類危険物:可燃性固体
 第3類危険物:自然発火性物質及び禁水性物質
 第4類危険物:引火性液体
 第5類危険物:自己反応性物質
 第6類危険物:酸化性液体

危険物取扱者試験の受験資格

甲種

 1.大学等において化学に関する学科等を卒業した者
 2.大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者
 3.乙種危険物取扱者免状を有し、実務経験が2年以上の者
 4.修士、博士の学位を授与された者で、化学に関する事項を専攻した者

乙種:誰でも受験できる。

丙種:誰でも受験できる。


危険物取扱者試験の試験内容

甲種

 危険物に関する法令、物理学及び化学、
 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

乙種

 危険物に関する法令、基礎的な物理学及び基礎的な化学、
 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

 第1類:塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類など
 第2類:硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウムなど
 第3類:カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、黄りんなど
 第4類:ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類など
 第5類:有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物など
 第6類:過塩素酸、過酸化水素、硝酸など

丙種

 危険物に関する法令、燃焼及び消火に関する基礎知識、
 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

危険物取扱者試験の受験料

 甲種:5,000円
 乙種:3,400円
 丙種:2,700円

危険物取扱者試験の難易度

危険物取扱者試験の難易度は他の理系国家資格に比較すれば低いですが、きちんと対策しなければ、普通に試験に落ちます。
学生の頃なら試験に落ちても何も支障はありません。
しかし、就職して会社に受験料負担をしてもらったうえで試験に落ちると、会社内で肩身が狭くなる場合があるので注意が必要です。