OverWork

OW:オーバーワーク、働きすぎ、過労

放射線取扱主任者の資格難易度

スポンサーリンク

放射線取扱主任者の資格難易度


放射線取扱主任者とは?

放射線取扱主任者とは、放射線障害防止法に基づき、放射性同位元素あるいは放射線発生装置を取扱う場合に、放射線障害の防止について監督を行う者のこと。

放射線取扱主任者が必要とされる場所

放射線同位元素や放射線発生装置を扱う事業所、販売所、廃棄事業所、病院や研究機関など。

放射線取扱主任者の資格取得までの流れ

放射線取扱主任者は取扱区分により第1種、第2種、第3種とに分けられている。

第1種および第2種はまず試験(マークシート方式)に合格しなければならない。
試験合格者はさらに原子力安全技術センターによる資格講習を受講することによって放射線取扱主任者の資格を取得できる。

放射線取扱主任者試験に合格

放射線取扱主任者講習の受講、修了試験に合格

放射線取扱主任者

ただし、第3種は試験が不要で、資格講習を受講することによって直接国家資格を取得できる。
なお、受講費用は高額である。


放射線取扱主任者の難易度

試験の合格率は第1種が20%から30%程度、第2種が20%から40%程度。
放射線取扱主任者の難易度は試験自体の難易度よりも、むしろ試験に合格し、講習を受講するまでにかかる費用と講習日数のハードルの高さにあると思われる。
放射線取扱主任者の講習費用の金額は作業環境測定士の講習費用の金額に匹敵する。

放射線取扱主任者試験の受験資格

制限なし(誰でも放射線取扱主任者の試験を受けられます)

放射線取扱主任者試験の願書受付期間

5月中旬から6月中旬

放射線取扱主任者試験の受験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡

放射線取扱主任者試験の試験日

 第1種:8月下旬頃の2日間
 第2種:8月下旬の一日

放射線取扱主任者試験の受験料

 第1種:14300円
 第2種:10200円
消費税増税の影響か、受験料は以前よりも値上がりしています。


放射線取扱主任者試験の試験範囲

第1種(試験日数は2日間:マークシート方式)

第1日目
 ・物理学、化学及び生物学のうち放射線に関するもの(6問、択一式)
 ・物理学のうち放射線に関するもの(30問、択一式)
 ・化学のうち放射線に関するもの(30問、択一式)
第2日目
 ・放射性同位元素及び放射線発生装置による放射線障害の防止に関する管理技術
   並びに放射線の測定技術に関する課目
 ・生物学のうち放射線に関するもの(30問、択一式)
 ・放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に関する課目
  (30問、択一式)

第2種 (マークシート方式)

 ・放射性同位元素による放射線障害の防止に関する管理技術(5問、択一式)
 ・放射性同位元素による放射線障害の防止に関する管理技術(30問、択一式)
 ・放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に関する課目
   (30問、択一式)

放射線取扱主任者試験の合格発表日

10月下旬。
なお、試験に合格後、講習(第1種は5日間、第2種は3日間)を受講する必要がある。


放射線取扱主任者講習

第1種講習(5日間かかる)

第1日目

 放射線安全管理の基本、異常時の措置と対策
 非密封放射性物質の安全取扱法
 汚染除去法と放射性廃棄物の処理

第2日目

 放射線防護に関する量と単位
 密封小線源の安全取扱、モニター等の構成と線量測定

第3日目

 放射性物質濃度の測定

第4日目

 放射性物質濃度の測定、表面汚染密度の測定及び汚染除去

第5日目

 放射線の安全管理、装備機器・発生装置の安全管理
 修了試験


第2種講習(3日間かかる)

第1日目

 放射線測定(150分)、放射線測定実習(240分)

第2日目

 放射線安全管理の基本(180分)
 密封放射性同位元素の取扱いの安全管理(150分)
 密封放射性同位元素の取扱いの実習

第3日目

 事故・危険時の措置と対策(120分)
 放射線施設の安全管理1(60分)
 放射線施設の安全管理2(60分)
 実習レポート講評(60分)
 修了試験(60分)

第3種講習(2日間かかる)

第3種は試験が不要で、講習を受講することによって直接国家資格を取得できる。

第1日目

 放射線及び放射性同位元素の概論(90分)
 放射線安全管理の基本(60分)
 放射線の人体に与える影響に関する影響(90分)
 放射線障害の防止に関する法令(120分)

第2日目

 放射線測定の理論及びその実務(60分)、放射線測定実習(120分)
 事故及び危険時の対策と措置(60分)、レポート講評(60分)
 修了試験(60分)

放射線取扱主任者講習の会場

 第1種講習:京都
 第2種講習:東京、青森、大阪、京都
 第3種講習:東京、青森、福島、愛知、大阪

放射線取扱主任者講習の受講料(高い!)

 第1種受講料:164,500円
 第2種受講料:101,300円
 第3種受講料: 91,700円