OverWork

OW:オーバーワーク、働きすぎ、過労

商業簿記 手形

スポンサーリンク

商業簿記 手形


手形

手形は誰が、誰に、いつまでに、いくら支払うということが書かれた紙片(証券)

手形は支払いを先延ばしにするために有効。
手形だと現金が出て行くのは2ヵ月後から3ヵ月後。

約束手形

「決まった日に手形に書かれている金額を支払う」と約束した証券。

支払手形:負債

→減ったら借方(左)、増えたら貸方(右)に記入

受取手形:資産

→増えたら借方(左)、減ったら貸方(右)に記入

当店振り出し以外の手形を受け取ったときは、
その種類(約束手形、為替手形)、および形態(振出、裏書)に関係なく「受取手形」勘定で処理する。
(借)受取手形 (貸)何か


振出人(支払人):約束手形を振り出した人。

振出時→(借)仕入    (貸)支払手形
決済時→(借)支払手形  (貸)当座預金

名宛人(受取人):約束手形を受け取った人。

振出時→(借)受取手形 (貸)売上
決済時→(借)当座預金 (貸)受取手形


為替手形

「決まった日になったら自分の代わりにその手形に書かれた金額を支払ってください」と他の人に頼むための紙片(証券)。

振出人(A):為替手形を振り出した人。

振出時

→(借)買掛金to B  (貸)売掛金to C
Bに対する買掛金(負債)が減る。

決済時

→  仕訳なし

名宛人(C):為替手形を引き受けて代金を支払う人。

振出時

→(借)買掛金to A (貸)支払手形
Aに対する買掛金(負債)が減る。

決済時

→(借)支払手形  (貸)当座預金

指図人(受取人:B):為替手形を受け取った人。

振出時

→(借)受取手形 (貸)売掛金to A
Aに対する売掛金(資産)が減る。

決済時

→(借)当座預金 (貸)受取手形


自己「受」為替手形

自分で「自」分が手形代金の「受」取人となるように振り出す手形。

振出人(A):自己受為替手形を振り出した人。

振出時→(借)受取手形 (貸)売掛金
決済時→(借)当座預金 (貸)受取手形

名宛人(C):自己受為替手形を引き受けて代金を支払う人。

振出時→(借)買掛金  (貸)支払手形
決済時→(借)支払手形 (貸)当座預金


自己「宛」為替手形

自分で「自」分が手形代金の支払人(名「宛」人)となるように振り出す手形。

振出人(A=名宛人):自己宛為替手形を振り出した人。

振出時→(借)買掛金  (貸)支払手形
決済時→(借)支払手形 (貸)当座預金
決済時は「支払手形(負債)」が減る。

指図人(B):代金を受け取る人。

振出時→(借)受取手形 (貸)売掛金
決済時→(借)当座預金 (貸)受取手形
決済時は受取手形(資産)が減る。

手形の割引

手持ちの手形を銀行に持ち込み、「期日前に」現金化することを手形の割引という。

受取手形を金融機関に持ち込んで金融機関に対して手数料(手形売却損)を支払い、差し引いた額が現金化される。
手形を銀行に譲渡するので受取手形が減少する。

このとき割引期間(割引日から満期日まで)に応じて割引料が手形代金から差し引かれるので、この割引料は「手形売却損(費用)」勘定で処理する。
なお、手形の種類に関係なく同じ仕訳になる。

また、割引後の手形でも、その手形が期日通りに支払われなかった場合には、金融機関に対して支払人にかわって手形代金を支払うリスクがある。

そのリスクに備えるため、割り引いた手形の一定の割合を保証債務(流動負債)として計上し、同額を費用(保証債務費用)として処理する。
(借)当座預金 (貸)受取手形
(借)手形売却損

先に手形売却損を計算して、貸方との差額で借方残額をもとめる。

手形売却損=手形額面金額×割引率(年)×(割引日数/365日)


手形の裏書譲渡

代金を支払うために、約束手形を満期日前に他の人に渡すこと。

C商店―約束手形→
A商店―約束手形(裏書;裏書人はA商店)→
B商店

C商店―約束手形→A商店
(借)受取手形 (貸)売掛金

A商店―約束手形(裏書;裏書人はA商店)→B商店
A商店の場合 (借)仕入   (貸)受取手形
B商店の場合 (借)受取手形 (貸)売上


手形の更改

支払い人の依頼により、手形の期日延長をする事。
要は新しい手形を振り出し、旧手形と交換すること。
なお、延長期間に対応した利息を支払う。

利息の処理

手形の金額に含める。
(借)支払手形  (貸)支払手形
(借)支払利息

現金などで支払う。
(借)支払手形 (貸)支払手形
(借)支払利息 (貸)現金

手形の不渡り

手形の支払い期日に手形代金の決済ができなくなること。

手形が不渡りになったら、その受取手形を不渡手形(資産:代金を請求する権利は残るので)に振り替え、手形の振出人に償還請求を行う。
その際発生した費用は不渡り手形の取得原価に含める。

(借)不渡手形100  (貸)受取手形95
(貸)現金 5

不渡り手形が貸し倒れた場合

(借)貸倒引当金70 (貸)不渡手形100
(借)貸倒損失30

貸倒引当金勘定に残高がある時は、その額については貸倒引当金と相殺する。
これは前期末に貸し倒れに備える費用(貸倒引当金繰入)を既に計上しているため。

手形の裏書き(譲渡)

持っている手形を満期日前に他の人に渡すこと。
手形の裏書きをした人は、振出人が支払えない時に代金を請求されるかもしれないという偶発債務を負う。

裏書き時の偶発債務の処理

手形の偶発債務の時価を保証債務(負債)で処理し、保証債務費用を計上。
(借)仕入100    (貸)受取手形100
(借)保証債務費用10 (貸)保証債務10


裏書き手形が無事に決済された時

負っていた偶発債務(保証債務)がなくなる。
一旦計上した費用は取り消さず、保証債務取り崩し益(収益)で処理。

(借)保証債務10 (貸)保証債務取崩益10

自己「受」為替手形

自分が手形の代金の受取人になるように為替手形を振り出し、他の人に支払ってもらう為替手形のこと。

自己「宛」為替手形

自分が為替手形の支払い人になるように振り出した為替手形。