OverWork

OW:オーバーワーク、働きすぎ、過労

一般計量士と環境計量士の資格難易度

スポンサーリンク

一般計量士と環境計量士の資格難易度

計量士の種類

計量士は経済産業省が所管する国家資格です。
この計量士という資格には以下の三つの種類があります。

1.一般計量士

質量などを正確に測定し、はかりなどを校正する技術者。

2.環境計量士(濃度関係)

様々な物質の濃度を正確に測定し、分析機器などを校正する技術者。

3.環境計量士(騒音・振動関係)

様々な騒音や振動を正確に測定し、分析機器などを校正する技術者。

一般計量士と環境計量士のいずれも、その専門性を経済産業大臣によって認定された国家資格です。
企業によっては資格手当が給料に上乗せされることもあります。

計量士はどこにいる?

環境計量証明事業所:都道府県知事の登録を受け、環境測定結果の証明を行う環境計量証明事業所では、環境計量士の有資格者を置く義務があります。
したがって環境計量士は環境計量証明事業所に必ずいます。

計量士資格を取得するには

1.計量士国家試験に合格する。
2.産業技術総合研究所の課程を修了し、計量行政審議会の認定を受ける。

国家試験に合格しても、すぐに計量士になれない。

計量士として登録するには「実務経験」が必要です。

ただし、環境計量士の場合は産業技術総合研究所の計量研修センターで環境計量講習を受講することで実務経験に代えることができ、講習を修了することで環境計量士として登録できます。
なお、環境計量講習は環境計量士の国家試験に合格した人が受講できます。

環境計量士(濃度関係)として登録すると、後述するように他の環境系の国家資格を受験するときに恩恵を受けられます。
そのため工学系と比べてよるべき資格のないバイオ系・生物系の研究室の出身者が計量士の資格を目指す場合、まず環境計量士(濃度関係)を目指すと登録後の選択肢が増えます。

一方、一般計量士の場合は実務経験に代わる講習が無いため、実務経験のない人は一般計量士の国家試験に合格しても、一般計量士として登録するすべはありません。

環境計量士(濃度関係)の特典

環境計量士(濃度関係)に登録すると、以下のいわゆる環境系の資格を取る時に国家試験が免除されます。
・作業環境測定士
・公害防止管理者

さらに作業環境測定士の資格を得れば、その特典により講習を受講して衛生工学衛生管理者資格を得ることもできます。
衛生工学衛生管理者は第一種衛生管理者の上位資格です。

環境計量士(濃度関係)は作業環境測定士の国家試験が免除される

環境計量士(濃度関係)は作業環境測定士資格を講習を受講することで取得できる。
(ただし、第1種科目の放射性物質は除く。)

本来、作業環境測定士の資格はまず国家試験に合格した後、作業環境測定士講習(登録講習)を修了し、登録をすることによってようやく取得できる資格です。

しかし、環境計量士(濃度関係)の資格を取得すると、認定講習を受けることにより作業環境測定士の国家試験が免除されます。
あとは作業環境測定士講習(登録講習)を修了し、登録をすれば作業環境測定士の資格を取ることができます。

作業環境測定士講習(登録講習)の難易度

環境計量士(濃度関係)が第2種作業環境測定士の資格をとろうとした場合、費用は受講料だけで14万円ほどかかる。
交通費や宿泊費が自己負担の時は、さらに費用が上乗せされることになる。
また、講習の日数も少なくとも平日6日分が必要になる。

社会人がこの方法で作業環境測定士資格を取得しようとした場合、平日に有給を3日づつ確保できるかどうかが悩みの種になると思われる。

環境計量士(濃度関係)のための作業環境測定士試験科目一部免除講習

この講習を修了すると、作業環境測定士の国家試験に合格したのと同じ効力が得られ、作業環境測定士講習(登録講習:第2種(共通))に申込むことができるようになる。

時期:9月(東京開催)、1月(東京開催)、10月(名古屋開催)
日数:講習は平日の三日間。(月、火、水)または(水、木、金)
場所:東京か名古屋
費用:受講料は47,000円
備考:講習終了後、修了試験(筆記試験)がある。

作業環境測定士講習(登録講習):第2種講習(共通科目)の場合

時期:月1回、または2ヶ月に1回(目安)
日数:講習は平日の三日間。
費用:受講料は87,480円。第2種講習(共通科目)の場合
備考:講習終了後、修了試験(筆記試験と実技試験)がある。

作業環境測定実技基礎講習(登録講習実技試験免除のための講習)

この講習を修了すると、登録講習の際の実技試験が免除される。
Aコース:共通科目(第2種登録講習)

時期:月1回、または2ヶ月に1回(目安)
日数:講習は平日の1日。
費用:受講料は27,000円
備考:実技基礎講習の修了証の有効期限は2年間のみ。
2年以内に登録講習を修了しないと、実技試験が免除にならず、実技試験を受ける羽目になってしまう。

環境計量士は公害防止管理者資格を講習受講し、修了することで取得できる。

技術資格による 公害防止管理者等資格認定講習

大気関係 第1種から第4種:環境計量士(濃度関係)
水質関係 第1種から第4種:環境計量士(濃度関係)
特定粉じん関係:環境計量士(濃度関係)
一般粉じん関係 :環境計量士(濃度関係)
ダイオキシン類関係 :環境計量士(濃度関係)
騒音、振動関係:環境計量士(騒音・振動関係)

環境計量士(濃度関係) ⇒ 作業環境測定士 ⇒ 衛生管理者の資格取得ルート

衛生工学衛生管理者の資格取得のための講習

衛生工学衛生管理者は第一種衛生管理者の上位資格である。

衛生管理者資格には業務の範囲が広い順に、衛生工学衛生管理者、第一種衛生管理者、第二種衛生管理者の3種類がある。
そして、第一種衛生管理者と第二種衛生管理者を受験するためには実務経験が必要になる。

しかし、作業環境測定士の資格を持っていれば衛生工学衛生管理者を講習を受講し、修了試験に合格することで、実務経験不要で最上位の衛生管理者資格を得ることができる。

時期:5月、8月、3月
日数:講習は平日の二日間。
費用:受講料は47,520円。
備考:修了試験(筆記試験)がある。

計量士試験の受験資格

制限なし。誰でも受験できます。

計量士試験の試験内容

一般計量士

計量に関する基礎知識、
計量器概論及び質量の計量、質量計量、
計量関係法規、計量管理概論

環境計量士(濃度関係)

環境計量に関する基礎知識、
化学分析概論、濃度測定
計量関係法規、計量管理概論

環境計量士(騒音・振動関係)

環境計量基礎知識、
音響・振動概論と温圧レベル及び振動加速度レベルの計量、
計量関係法規、計量管理概論

計量士試験の願書受付期間:10月中旬から10月下旬


計量士試験の試験日程:3月上旬

注意!第69回計量士国家試験は平成30年(2018年)12月頃の実施が予定されている。

計量士試験の受験場所

北海道、宮城、東京、
愛知、大阪、広島、
香川、福岡、沖縄

計量士試験の受験料:8500円


計量士試験の合格率

一般計量士 20%ほど
環境計量士(濃度) 15%ほど
環境計量士(騒音・振動) 15%ほど

計量士試験の合格発表日:4月中旬

今後、試験日程が変わると合格発表の日程も変わることが予想される。