ホワイト企業と就職活動

ホワイト企業は労働法を遵守する。

クレジットカード業界、リース業界就職偏差値ランキング

クレジットカード業界、リース業界就職偏差値ランキング

上場企業、特にJASDAQ上場企業に関しては各自で最新の状況を確認して下さい。

クレジットカード会社とは?

クレジットカード会社とは、現金の代わりに決済できるクレジットカードを発行、管理する会社のこと。
クレジット(credit)という単語は、英語で「信用、信頼」を意味する。

クレジットカードの種類

銀行系クレジットカード、信販系クレジットカード、デパートやスーパーなどの流通系クレジットカード、交通系クレジットカードなど色々な種類がある。

クレジットカードはAmazonなどのネットショッピングなどで便利なので利用者は非常に多く、クレジットカード自体の種類も様々。
便利さの一方で、利用者のクレジットカードの使いすぎや、自分のクレジットカードが他人に不正使用されてしまうなどのカード犯罪問題も存在する。

クレジットカードと外国人旅行者

近年は日本を訪れる外国人旅行者が増加している背景もあり、外国人旅行者が飲食店や観光地などでクレジットカード決済ができるよう対応している店舗が増えつつある。
そうした店舗ではiPhoneやiPadなどの携帯端末にカード決済専用アプリをインストールし、小型のカード情報読み取り端末を連携させることで、クレジットカード支払いに対応するための投資コストを低く抑えることが可能になっている。

日本国の方針

中国ではスマートフォンを使用したアリペイ(アプリ)によるキャッシュレス決済が急速に広がり、数億人がキャッシュレス決済を利用している。

一方、日本は現金による支払いが圧倒的に多く、クレジットカードなどによる現金以外の支払い比率はおよそ20%程度でしかない。
これは日本円の信用が高いこと、偽札が横行していないこと、現金を持ち歩いていても問題ないほど治安が良いこと、個人情報の漏洩への懸念などの理由によると思われる。

こうした現状から、日本政府は現金を使わないクレジットカードなどによるキャッシュレス決済の比率をおよそ40%まで高めようとしている。

2020年には東京オリンピック、パラリンピックが開催され、日本を訪れる外国人旅行者も増加していくことが予想される。
そうした外国人旅行者のクレジットカード決済需要を取り込むため、クレジットカード支払いが可能な店舗や観光地などが今後増えていくと思われる。
これはクレジットカードを利用する日本人にとっても歓迎すべきことである。

大手クレジットカード会社

三菱UFJニコス、JCB、三井住友カード、クレディセゾンなど

クレジットカード、消費者金融などの金融関係上場企業

東証
クレディセゾン、フィデック
ニッシン債権回収、日本証券金融
アイフル、ポケットカード
イオンクレジットサービス、NISグループ
アコム、ジャックス
オリエントコーポレーション、日立キャピタル
Jトラスト、大阪証券金融
名証:中部証券金融
JASDAQ:ウェッジホールディングス

以下に就職偏差値ランキングまとめサイトからクレジットカード業界就職偏差値ランキング(URL:http://jobranking.sakura.ne.jp/industry/creditcard.html)を引用する。
(引用はじめ)

クレジットカード業界就職偏差値ランキング

58 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル
57 ジェーシービー
56 三井住友カード
55 シティカードジャパン
54 りそなカード ゆうちょ銀行
53 交通(鉄道)系カード会社全般
52 NTTグループ系カード部門(Docomo、Finance)
51 三菱UFJニコス
50 クレディセゾン
49 日立キャピタル
48 オリエントコーポレーション
47 ジャックス
46 三井住友トラスト・パナソニックファイナンス
45 セディナ SBIカード 楽天カード
46 イオンクレジットサービス
45 トヨタファイナンス
44 日産フィナンシャルサービス
43 KCカード その他地方の信販会社
42 ライフ
41 出光クレジット
40 エムアイカード エポスカード
39 アプラス その他流通系カード会社全般
38 消費者金融系カード会社全般
(引用終わり)


リース会社とは?

リース会社とは、機械や工場設備、工場そのもの、さらには飛行機などをリースする会社のこと。
もともとリース(lease)という単語は、英語で「賃貸借の契約」を意味する。

リース会社は利用者の代わりにモノをメーカーや代理店から購入して、耐用年数に応じた一定期間利用者に貸し、その代金としてリース料を徴収する。
こうしたことから、銀行は顧客に資金を融資するが、リース会社は顧客にモノを融資する会社といえる。

リース会社を利用する企業にとってのメリット

・高額な設備投資を必要としないので、予算取りしやすい。
・リース料は経費に計上できるため、その分税金が安くなる。

リース業界の上場企業

東証
東京センチュリーリース、芙蓉総合リース、三菱UFJリース
三井住友ファイナンス&リース、興銀リース、リコーリース、東海リース

以下に就職偏差値ランキングまとめサイトからリース業界就職偏差値ランキング(URL:http://jobranking.sakura.ne.jp/industry/lease.html)を引用する。
(引用はじめ)

リース業界就職偏差値ランキング

59 オリックス 三菱UFJリース
58 三井住友ファイナンス&リース
57 JA三井リース 東京センチュリーリース
56 芙蓉総合リース NTTファイナンス
55 日立キャピタル 興銀リース
54 三菱オートリース 住友三井オートサービス NECキャピタルソリューション
53 住信松下フィナンシャルサービス オリックス自動車 東銀リース
52 トヨタファイナンス リコーリース 昭和リース
51 ニッセイリース 近畿総合リース 浜銀ファイナンス
50 西日本総合リース 日本カーソリューションズ 日本ビジネスリース
49 芙蓉オートリース 東京オートリース 三菱電機クレジット シャープファイナンス
48 東芝ファイナンス 九州リースサービス 首都圏リース  丸紅建材リース 興銀オートリース
47 日立キャピタルオートリース 中道リース 日医リース 北海道リース

40 兼本 ワタキューセイモア 大和リース 横河レンタリース 小山 日本電子計算機
35 日綜産業 日建リース工業 東海リース トヨタレンタリース キリックス
(引用終わり)