OverWork

OW:オーバーワーク、働きすぎ、過労

インフルエンザワクチンで疫を免れる方法

スポンサーリンク

インフルエンザワクチンで疫(えき)を免(のが)れる方法

この記事で記載した医療情報は一般的なものであり、医学の専門家(例えば医師、看護師、薬剤師など)による助言の代用にはなり得ません。
ご自身の健康問題に関しては専門の医療機関にご相談下さい。

インフルエンザとは

インフルエンザはインフルエンザウィルス(Influenza virus)による感染症です。
インフルエンザウィルスはその抗原性によってA型、B型、C型に分類されます。
(人間の血液型のようなもの)

この記事は季節性インフルエンザに関する記事です。

季節性インフルエンザ

健康な人であれば、数日程度で回復することが多い。

働く人が季節性インフルエンザに感染した場合は職場での感染拡大防止のため、医師が出社を許可するまでは出勤できなくなる。
有給消化対応。

季節性インフルエンザ流行時期

湿度が下がる11月、12月頃から流行が始まる。
例年1月から3月が本格的な流行シーズン。

ちょうど受験の時期と重なるため、受験生は季節性インフルエンザにかからないよう注意が必要。

なお、インフルエンザの感染は一年中起こりうる。
真夏でもインフルエンザに感染することはある。

冬にウィルスによる感染症が流行する理由

ウィルス自体が低温と低湿度を好むため。

空気が乾燥していると、せきやくしゃみの飛沫が小さくなるため。
小さな飛沫は遠くに飛びやすく、飛沫の中に含まれるウィルスの感染範囲が広がる。

そのため秋から冬にかけて流行が起こりやすい。


季節性インフルエンザの症状

38℃以上の発熱、
倦怠感、
関節痛、筋肉痛、
呼吸器症状
(感染は上気道呼吸器に限局)

季節性インフルの致死率

0.1%以下

なお、以下のハイリスク群に該当する人がインフルエンザを発症すると、重症化する可能性がある。

高齢者

高齢者は免疫力が落ちている。

妊婦

妊婦は子宮が大きくなっているため肺の呼吸機能が低下している。
そのため肺炎などの呼吸器症状を起こしやすい。

慢性疾患にかかっている人



季節性インフルの感染源

感染源は感染者のせきやくしゃみから出た飛沫(しぶき)。

感染行為

・人が多い所で飛沫を浴びる。
・飛沫が付着した所に触る。

季節性インフルの安定性

通常の飛沫が付着した場合、2時間から8時間ほどで感染性を失う。

季節性インフルに有効な消毒剤

様々な消毒剤が有効。
・エーテルなどの有機溶媒
・次亜塩素酸ナトリウム
・エタノール

物理的に不活化する方法

60℃で30分間ほど加熱する。


インフルエンザの予防対策

・人ごみを避ける
・マスクの着用
・手洗い、うがいの励行
・ワクチン接種

ワクチンとは

古くから多くの人々が感染症で命を落としてきた。
そして運良く感染症から回復した人は、その後同じ感染症の「疫(えき)を免(のが)れる」ことが知られていた。
これを免疫(めんえき:Immune)と言う。

ワクチン(vaccine)

ワクチンは人為的に免疫を付与して感染症にかかりにくくするための物。
ワクチンの歴史は1796年のイギリスの医師エドワード・ジェンナーによる天然痘ワクチン開発にさかのぼる。

ワクチンの効果

・発症を抑制する。
・重症になりにくくする。

インフルエンザワクチンの特徴

日本国内で使用されているインフルエンザワクチンは不活化ワクチン。
海外で使用されている弱毒生インフルエンザワクチンのように弱毒化したウィルスそのものが含まれているわけではない。

インフルエンザワクチンは接種後すぐに効果が出るわけではない。
接種後2週間から3週間かけて体内でインフルエンザウィルスに対する抗体が産生される。
ワクチンにより獲得した免疫の効果が継続する期間はおよそ3ヶ月から4ヵ月程度とされている。

抗体(antibody)とは

抗体はヒトとインフルエンザウィルスとを区別する目印のようなもの。

抗体がインフルエンザウィルスに感染した細胞にくっつくことで、人体の免疫系がウィルスを「敵」だと認識し、発症を防ぐことができる。
あらかじめワクチンの予防接種を受けておくと、インフルエンザウィルスに対する抗体を前もって獲得することができる。

ワクチン接種を受けずに感染した場合

今までに感染したことのないウィルスが体に侵入すると、体内で新たな抗体が作られるまでに時間がかかってしまう。
しかも、作られる抗体の量も少ないので、感染や発症を防ぐことが難しい。


妊婦とインフルエンザワクチン

不活化インフルエンザワクチンは、ワクチン接種しても胎児への影響は無いとされる。
弱毒生インフルエンザワクチンは妊娠中には禁忌。
ワクチン接種に不安があれば産婦人科へ相談する。

ワクチン接種開始時期

10月頃からワクチン接種は開始される。
季節性インフルエンザの流行前(10月から11月)に医療機関を受診し、ワクチン接種することが望ましい。

ワクチンが足りない場合

季節性インフルエンザの場合、ワクチン株の決定が遅れると、製薬会社のワクチン製造スケジュールも遅れる。
ワクチン製造が遅れた場合は医療機関に十分にワクチンが行き渡らない可能性がある。

その結果、予防接種の予約が制限されることになる。
ある医療機関から予防接種の予約を断られた時は、別の医療機関にワクチン接種が可能かどうか問い合わせることになる。

厚生労働省によると13歳以上の季節性インフルエンザワクチンの接種回数は1回でよい、とされている。


インフルに伴う異常行動

インフルエンザにかかった患者の中には、異常な行動をする人もいる。

日本国内で年間およそ50件程度の異常行動が報告されている。
異常行動を起こすのは子供(未成年者)が多い。

異常行動の例

突然立ち上がる。
急に走り出す。
部屋の中を走り回る。
部屋から飛び出す。
ベランダに出る。
飛び降りる。
→死亡事故につながる。

異常行動の原因

異常行動の原因は不明。
インフルエンザ発症に伴う高熱が原因ではないかと指摘されている。

インフルエンザ薬

過去にはタミフル、リレンザ、イナビルなどのインフルエンザ薬の服用が異常行動の原因ではないか疑われたこともあった。

しかし、薬を服用していなくても異常行動が起きたことが報告されている。

事故防止対策

患者が病院やマンション等の高層階から飛び降りた場合、死亡事故につながりかねない。

そのため厚生労働省から異常行動への対策に関する通知が出ている。
対策の要点は「患者を部屋の外に出さない」ことである。

インフル患者がいる家庭での対策

発熱後2日間は子供を一人にさせない(原則)。

全ての窓や玄関にをかけておく。
全ての窓に補助錠(2重ロック)もかけておく。
窓の付近に踏み台になりそうなものを置かない。
窓のない部屋に患者を寝かせる。
患者を1階に寝かせる。

妊婦とインフルエンザ薬

妊婦がインフルエンザ薬を服用しても、胎児への影響は無いとされる。
服用に不安があれば産婦人科へ相談する。